インタビューさせてもらいました
デンマーク以外の旅行、観光

【ウィーン】ザッハトルテ発祥の「カフェ・ザッハー」に行きました。

Cafe Sacherの中。赤が基調のインテリア

今日もでした・・・。

こんばんは。

昨日、【ウィーン】人気カフェ「Cafe Hawelka」が良かったで、「たまたま見つけたカフェが良かったよー!」って話を書きましたが、今日も今日とてカフェに行ってきましたよ!。

そのカフェの名は、Cafe Sacher(カフェ・ザッハー)

泣く子も黙る、ウィーンの名物カフェです。

ザッハトルテが生まれたカフェ、Cafe Sacher(カフェ・ザッハー)

ウィーンの名店、「Cafe Sacher」ウィーンの名店、「Cafe Sacher(カフェ・ザッハー)」

カフェ・ザッハーがなんでウィーンの名物なのか。

その答えは、ザッハトルテにあります。

ザッハトルテっていうのは、こういうやつです。

Cafe HawelkaのザッハトルテCafe Hawelkaのザッハトルテ

これは昨日ご紹介したカフェ、「Cafe HAWELKA」のザッハトルテ。

アプリコットジャムが入ったチョコレートケーキですね。

実はこのザッハトルテ、今日僕が行ってきたカフェ・ザッハーで生まれたケーキなんです。

「ザッハトルテ」の「ザッハ」は、お店の名前の「Sacher(ザッハー)」から来ています。

だからこのカフェはウィーン観光では欠かせない場所になってるんですよ。

カフェ・ザッハーは、ホテルのカフェ

Cafe Sacherの中。赤が基調のインテリアカフェ・ザッハーの中。赤が基調のインテリア

カフェ・ザッハーは、実は超有名なホテル、「HOTEL SACHER」のカフェなんです。

カフェ単独で始まったお店、というわけではないんですよね。

Hotel Sacherは今ももちろん健在。

カフェ・ザッハーの真横にズドーンと建ってました。

本家のザッハトルテはやっぱり美味しい

本家本元に行ってきましたから、もちろんザッハトルテ食べてきましたよ!

カフェ・ザッハーのザッハトルテはこちら!

Cafe Sacherの元祖ザッハトルテカフェ・ザッハーの元祖ザッハトルテ

元祖なんで、もちろん見た目はいわゆるザッハトルテです。

ちょっと違うのは、上に乗ってるチョコレート。

Cafe SacherのザッハトルテにはHOTEL SACHERの文字が入ったチョコレートカフェ・ザッハーのザッハトルテにはHOTEL SACHERの文字が入ったチョコレート

「これがウチのザッハトルテじゃ!!」と主張しています。

味は、上のチョコが他のお店のザッハトルテよりも濃かったのが印象的でした。

アプリコットジャムの酸味とマッチしてて、超美味しかったです。

ケーキは1日1000個も売れるんだとか

店員さんに、

「1日何個ぐらいケーキ作ってるんですか?」と質問したところ、

「大体1000個ぐらい」って言ってました。

めちゃくちゃ売れてるやん。

さすが元祖ザッハトルテのお店。

朝9時に行ったら並ばずに入れた

昨日、お昼12時ぐらいにカフェ・ザッハーの前を通ったら、めちゃくちゃ行列ができてたんです。

雪も降ってかなり寒かったし、

「これに並びたくねえ・・・」

ということで、今日の朝早めの時間帯に行くことに。

朝9時過ぎに行ったところ、無事並ばずに入ることができました。

店を出た10時前には既に列ができてて待っているお客さんがいたので、朝早い時間が狙い目なのかもしれません。

場所

カフェ・ザッハーは、ウィーン国立オペラ座のすぐ近くにあります。

Karlsplatzという駅から歩いて5分行けますよ。

まとめ

今回は、ウィーンを代表するカフェ、「Cafe Sacher(カフェ・ザッハー)」についてお届けしました。

人気なので、行く時間によっては待たないと行けないかもしれません。

でも、やはりザッハトルテ発祥のお店です。

ウィーンに行くなら行っておくべき場所かなと思います。

名称 Cafe Sacher(カフェ・ザッハー)
場所 Philharmoniker Str. 4, 1010 Wien
営業時間 毎日8〜24時
ホームページ Café Sacher Wien