「カルー・ホイスコーレ」って?
旅行お役立ち情報

「EU」だけど「ユーロを導入していない国」がこんなにあります

カルー・ホイスコーレの費用は?

こんばんは。

ウィーン滞在4日目です。

昨日も一昨日も書きましたが、ウィーンめちゃくちゃ寒いです。

雪と雨の応酬。

ツライです。

それはさておき、今日はEUだけどユーロを導入していない国について。

イギリスがユーロを使わずポンドなのは有名ですが、他にはどんな国がユーロ以外の通貨なのかというのは、知られていないんじゃないかなと思います。

僕もこのヨーロッパ放浪旅でいろんな国を転々とする中でやっと知ったという感じです。

正直、両替めちゃめんどくさいです・・・。

EUだけどユーロを導入していない国は9ヶ国

EUは全部で28ヶ国ありますが、そのうちユーロを使っていない国は9ヶ国あります。(2019年1月現在)

3分の1の国がユーロを導入していないんですよね。

意外と多くないですか?

EUなのにユーロ以外の国
  • デンマーク
  • スウェーデン
  • イギリス
  • ブルガリア
  • チェコ
  • ハンガリー
  • ポーランド
  • ルーマニア
  • クロアチア

僕が1年間過ごしたデンマークも実はユーロじゃありませんでした。

デンマークは、「DKK(デンマーク・クローネ)」という通貨を使っています。

ちなみに今は、1DKK = 17円ほどですね。

他の国を見ると、中〜東ヨーロッパの国でユーロが使われていない傾向にあります。

この中に、今回のヨーロッパ放浪旅で既に行こうと決めている国が3ヶ国も含まれてるんですよ・・・。

両替がホントに面倒・・・。

全部ユーロやったらホンマに楽やのに!と実感している今回の旅です。



ユーロを導入していないけど、使える国も

でもね、実はユーロ非導入国でもユーロを使わせてくれる国がありました。

僕が先週までいたチェコです。

あるカフェに入った時のこと。

ユーロは持っていたものの、手元に現金のチェコ・コロナ(チェコの通貨)がなかったです。

で、それをお店の人に伝えてみたら、最初はちょっと渋ってたものの、ちょっとしてから、

「ユーロでOKよ」

と言ってくれ、なんとユーロで支払えることに。

「これはええんか?」と思いつつも、両替に行くのも面倒やったし、お店のご厚意に甘えてユーロ払いさせてもらいました。

他の店はどうかわからないので、どの店でも使えるのかどうかは正直わからないんですが、こんな感じ受け取ってくれるお店もあるようです。

もし、「現地のお金はないけどユーロは持っている」、ということがあれば、ダメ元で聞いてみてくださいね。



出発前に要チェック!

というわけで今日は、「EUだけどユーロを導入していない国」についてお届けしました。

「ヨーロッパやからユーロやろ」って思って行った国が、実はユーロじゃないなんてこともあるかもしれないので、旅行に行くときは事前にチェックしてくださいね。

それではこの辺で。

Airbnbを使ってみたい人はこちらをチェック!
The Airbnb Blog Belong Anywhereより引用
海外で初めてAirbnbを使う人へ。宿選びの失敗を防ぐ方法です。ポルトガルのポルトなうです。 こんにちは。 さて、旅行するときに重要なことって何でしょうか? いろいろありますが、やっ...