ポストカード、はじめました。
スウェーデン

ストックホルム散策

ストックホルム2日目の今日は、めっちゃ歩き回りました。

 

 

まずは早朝のガムラ・スタンの散歩からスタート。

 

 

ガムラ・スタンは、魔女の宅急便のモデルになったと言われている街です。

 

 

僕たちはそのガムラ・スタンにあるホテルに泊まってます。

 

 

なんて贅沢なんだろう。

 

 

朝7時ぐらいから散歩を始めたんですが、人がほとんどいなくて、魔女の宅急便の街をほぼ独占です。

 

 

小さい街なんで、30〜40分も歩けば、だいたい制覇できます。

 

 

贅沢散歩のあと、身支度して最初に行ったのが、「ヴァーサ号博物館」。

 

 

処女航海で沈没した戦艦、「ヴァーサ号」を が展示されている博物館です。

 

 

正直行くまではあんまり期待してなかったんですが、中に入るとその迫力に圧倒されました。

 

 

 

 

全長69m、全体の95%は当時のままの形を残した巨大戦艦は、僕の想像を軽々超えて、存在感を示しまくってました。

 

 

ヴァーサ号博物館のあとは、セーデルマルムという街へ。

 

 

ここには雑貨屋さんがたくさんあるという情報を得たので、ワクワクしながら向かったものの、あまりこれというお店を見つけることができず・・・

 

 

なんなら今日一番期待してたんで、ショック極まりない。

 

 

すべて隈なく探せたわけではないで、見つけられなかっただけかもです。

 

 

そのあとは、ストックホルム市立図書館へ。

 

 

ここは、かの有名なアスプルンドさんが設計した円形の図書館。

 

 

行く前に写真を見てて抱いた期待を全く裏切ることなく、ちょうど期待通りなぐらいの空間でした。

 

 

すんごい数の本で綺麗に360度囲まれると、僕はドキドキしました。

 

 

 

 

ありそうでない、夢のような空間。

 

 

この図書館は間違いなく行く価値ありです。

 

 

図書館を後にしたあと、少し雑貨屋さん探索をして、晩ごはんを食べに行き、最後はジャズバーに行っちゃいました。

 

 

ストックホルムのガイドブックに載ってるような有名なバーなんですが、今日はたぶん有名な人たちではなく、Jazzをこよなく愛していて自分達の演奏を聴いて欲しいんだ、って思ってる人たちによる演奏でした。(たぶんです。)

 

 

そのためか、エントランスフィーは20krだけで入れちゃって、ちょっとラッキー。

 

 

ガイドブックには、100〜700krぐらいかかると書いてあったのです。

 

 

ちなみに1krは12円ぐらいです今のレート。

 

 

そんなこんなでムッチムチの一日となりました。

 

 

さて、明日は夜にコペンハーゲンへ戻ります。

 

 

最後のストックホルムもムッチムチに満喫して帰ろうと思ってます。

 

 
それでは、おやすみなさい。
 

 [ad#co-1]