ポストカード、はじめました。
その他

QQEnglishに英語留学して良かった点と悪かった点

 

 

こんにちは!

 

2018年1月からデンマークに1年間行くを予定している僕ですが、実は渡航前にセブに行ってきました。

 

目的は、「英語の短期留学」!

 

別の記事でも書きましたが、デンマークの母国語はデンマーク語です。

しかし、大半の人が英語を話せるとのことですので、現地ではまずは英語でコミュニケーションを取ろうと思っています。

 

でも僕はそんなに英語が話せません。

 

ということで、セブにある語学学校、「QQEnglish」に短期留学することにしました。

 

なぜセブで英語留学?

最近セブの英語留学が流行っていますよね。

僕の周りにも何人か体験者がいます。

 

海外での英語留学は、セブ(フィリピン)以外の国でも可能です。

 

そんな中でセブを選ぶ人が多いのは、やはり安さが決め手でしょう。

 

マンツーマンを軸にしたレッスンでここまで安く英語留学できるところはセブ以外にあまりないように思います。

 

 

QQEnglishを選んだ理由

セブにはたくさんの英語学校がありますが、その中からQQEnglishを選んだ理由はいくつかあります。

 

・カランメソッドという学習法を採用していること

・有名校だったこと

・日本資本の学校だったこと

・知り合いがイチオシしていたこと

・キャンパス写真が素敵だったこと(清潔そうだった)

 

やはり英語の習得が目的ですので、授業内容は気になりました。

でも説明を読んでもなかなか学校間の違いがわかりませんでした。

そんな中、目に止まったので「カランメソッド」でした。

 

※カランメソッドの詳しい説明はこちら↓

QQEnglishのカランメソッド解説

 

要は今までとは違った学習をしてみたかったのです。

カランメソッドは考える暇を与えずに英語を話すレッスンです。

日本語→英語の変換を頭でさせないための訓練で、これは!と思いました。

実際にカランメソッドを体験した感想は下で書きます。

 

そんなこんなで選んだQQEnglishですが、実際に体験して思ったこと、皆さんが気になっていると思われることについて書いていきます。

QQEnglichのあれこれ

QQEnglishは「ITパーク 校」と「シーフロント校」の2つキャンパスがあります。

ここから書く内容は、僕が選択した「シーフロント校」の内容になります。

ちなみに期間は2週間とすごく短かったです。

授業

授業もいくつかのコースが用意されていますが、僕は1日8コマ(1コマ50分)のコースを選択しました。

開始時間は人によって違っており、僕の知る限り、8時〜と9時〜の2パターンでした。

最初にどちらか学校側で決められるのですが、途中で変更も可能でした。

 

僕の1日のスケジュールはこのような感じでした。

9時〜  カランメソッド

10時〜 グループレッスン

11時〜 TopicConversation

12時〜 Speaking

13時〜 昼食

14時〜 グループレッスン

15時〜 カランメソッド

16時〜 Reading

17時〜 DailyConversation

 

カランメソッド

この学校の特徴でもあるカランメソッドを体験しました。

めちゃくちゃしんどいレッスンでした。

先生が同じ質問を2回言い、それに生徒が答えます。

例えば「What’s this?」と聞かれ、「This is a pen」と答えるような感じです。

生徒の回答がつまると、先生が間髪入れずに「This・・・」というように先導してくれ、回答を催促されます。

これをひたすら50分間繰り返すという授業です。

 

僕の感想は、「3ヶ月ほど繰り返しこの授業を受けていたら身につきそう」という感じです。

僕はたったの2週間しかいなかったので、少し慣れはしましたが、定着はしなかったという印象です。

 

教室

教室はこんな感じで、マンツーマン用ブースがあります。

このブースで1:1の授業を受けるのが基本です。

生徒の国籍比率

日本人と台湾人が多かったです。比率はこんな感じです。

日本人:台湾人:その他 = 6:3:1

食事

食事は1日3回、ビュッフェ形式。

日本人が作った学校で、日本人の生徒が多いだけあって、食事は日本人好みの料理・味でした。

なんとお好み焼きまで出てきました!

現地の料理を期待している方は少し残念かもしれませんが、食べたいときは外に食べに行くこともできるので大丈夫です。

 

部屋

部屋のタイプは一人部屋、二人部屋、四人部屋から選択できました。

(エグゼクティブというめっちゃ良い部屋もあるようですが、たぶん高いです。)

私はゆっくりしたかったので一人部屋を選びました。

相部屋を選ぶと他の国籍の人と話す機会も増えるので、そういう意味では良いかもしれません。

ちなみに部屋はこんな感じ。

 

収納スペースもあってなかなか快適でしたが、クーラーの温度調節が難しく、風邪を引きました。

温度と風速を4〜5段階からそれぞれ設定できるのですが、1段階上げると寒すぎるし、下げると暑すぎて寝れないし・・・タイマーもないし・・・

寝ることを選択するために少し寒い設定にして就寝したところ、風邪を引きました。

寝具

ベッド、ブランケット、枕が用意されていました。

枕カバーと敷き布団のシーツは1週間に1回交換してもらえます。

シャワー、トイレ

シャワー、トイレは共同でした。

日本と比べたらダメだと思いますが、やはりそんな綺麗ではなく、正直最初はかなり抵抗がありました。

 

まずシャワーですが、水圧が弱い。シャワー史上最弱でした。

チョロチョロしか出ないので、めっちゃ時間かかりました。

 

そしてトイレ。

こちらは下水のインフラが整っていないため、トイレットペーパーを流すことができません。

そのため使用済みのトイレットペーパーは、トイレ内にあるゴミ箱へ捨てる必要があります。

これもかなり抵抗がありました・・・。でも3日もすれば慣れました。

学校の雰囲気や設備

学校が用意してくれている設備はかなり良かったです。

他の学校に行ったことがないのですが、たぶんセブの中ではかなり上位だと思います。

リゾート型キャンパスということで、目の前に海があり、学校内にプールもあります。

 

学習スペース

学習スペースはたくさんあり、自由に場所を選んで自主できます。

StudyRoomという私語基本厳禁の部屋や、開放感のあるテラススペースも。

 

ジムとスタジオ

なんとジムとスタジオまでありました。しかもめっちゃちゃんとしたジム!

スタジオでは毎日ズンバのレッスン、週2回ヨガのレッスンが行われており、希望者は誰でも参加可能です。

僕のバッチメイトは毎日楽しんでいました。

カフェ

カフェは2つありました。

一つは毎日3食ビュッフェ形式で食べれるカフェ、もう一つはVillaという名前のカフェです。

Villaではお酒も販売されていて、夜10時まで楽しめます。

売店

売店では日用品や靴などを買うことができます。

購入は現金ではなく、一人一人に渡されるIDカードへチャージする形でした。

プリペイドカードのようなものですね。ちなみにVillaのお酒もこのIDカードでしか買えませんでした。

 

周辺の環境

「BLUEWATER」と「WHITE SANDS」

QQEnglishは「BLUEWATER」と「WHITE SANDS」というすごい立派なホテルの間になります。

この2つのホテルにはレストランやバーがあり、宿泊者以外でも利用できます。

僕もバッチメイトと何度か行きましたが、すごく雰囲気が良くてオススメです。

 

SAVEMORE

近くにはSAVEMOREというスーパーがあり、そこで日用品を買うことができます。

学校から歩いて5分もかからないので、便利です。SAVEMOREでは外貨両替もできます

マッサージ店

SAVEMOREと同じ敷地内にマッサージ店があります。

1時間半で330ペソ(約700円程)と超リーズナブルなので行かない手はありません。

 

全体を通した感想

2週間QQEnglishで学んだ感想しては、「3ヶ月にしておけば良かった!」です。

デンマーク渡航や前職の退職のタイミングもあって2週間しかおれなかったのですが、やはり短すぎました・・・。

1日中英語まみれの生活をしてListeningは慣れましたが、自分の言いたいことはやはりまだまだスンナリ出てこず。

でも海外での暮らしを経験できたことは、デンマーク渡航前の自分にとってはかなり大きかったです。良い練習になりました。

そして何より国籍を問わず、友達がたくさんできました。

先生もすごく親切で仲良くなれました。

期間はともあれ、間違いなく行って良かったです。

 

<<ブログランキングに参加しています>>

デンマークやワーキングホリデーに関するブログのランキングに参加しています。

下のリンクをクリックしていただけると嬉しいです!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
にほんブログ村


ワーキングホリデーランキング