フォルケホイスコーレ

パスワードを忘れるぐらい休め

パスワードを忘れるぐらい休め

 

「パスワードを忘れるぐらい休め」

 

この言葉を聞いたことはありますか?

 

こんばんは。

 

昨日、4泊5日のコペンハーゲン旅行から戻ってきた僕ですが、旅行中に歩き回った疲れがたまってたのか、今日は少しゆっくりしたい気分になってました。

 

そんな感じだったので、ボケーっとしながらTwitterを眺めてたんですが、そんな時にたまたま見つけたのが上に書いた「パスワードを忘れるぐらい休め」という言葉。

 

フィンランド大使館公式ツイッターアカウントの「フィンたん」がつぶやいてました。

 

ちなみに「フィンたん」は、こんなです。

 

フィンたんby Twitter(駐日フィンランド大使館)

 

パスワードを忘れるぐらい休め」。

 

なかなかキャッチーな言葉ですよね。

 

フィンランドではこの時期みんな一ヶ月ぐらいの長期休暇を取るようで、その休みに入る前に周りからこれを言われるらしいです。

 

一ヶ月の長期休暇なんて、日本じゃなかなか考えられないですよね。

 

でも、フィンランドだけじゃなく、デンマークでも夏はそれぐらい休むそうですよ。

 

この学校の先生も、7月頭から1ヶ月間、スウェーデンのサマーハウスへ行ってゆっくりしてくるって言ってました。

 

それが普通みたいなんです。

 

なんとそれは政府の人たちも同じで、夏の間はホントにみんな休むから新聞のネタが全然ないってデンマーク人の生徒が言ってました。

 

さすがに政治家まで休むのはどうかと思うとその子は言ってましたが、いやー、羨ましいですね。

 

文化の違いを目の当たりにした瞬間でした。

 

なんでこんなに休みが取れるのかというと、「休みは次に繋げる充電期間」っていう考えだからだそう。

 

ホントにそうですよね。

 

大きな流れや構造を変えるのは難しいけど、日本もそんな国になってほしいな。

 

そう思います。

 

まずは小さな行動からやってくしかないですね。

 

僕が今できることといえば、こういう場でこっちの情報を伝えて、こんな考え方もあるということをちょっとでも多くの人にリーチすることからかな。

 

そんなことを思いながら、今日もブログ書いてます。

 

また印象に残ったことや違いについて情報をゲットしたらお伝えしますね。

 

今日はこちらは雨です。

 

明日も雨が続くっぽいんですが、気持ちは晴れやかに過ごそうと思います。

 

それでは、この辺で。