Twitterでもチョコチョコつぶやいてます
ワーキングホリデー

生チョコ作りから考える「人生とワーホリ」

生チョコを作りました。

 

 

人生初です。

 

まさかデンマークで、それも人生で初めての生チョコ作りを体験するなんて、まったく思っていませんでした。

 

 

なぜ生チョコを作ることになったのか。

 

 

理由は単純で、食べたくなったから

 

 

そして、作り方が知りたかったから

 

 

細かく刻んだチョコと生クリームとバターを温めながら混ぜ、冷蔵庫で固めて・・・

 

 

と、今日は生チョコの作り方について書きたいわけではありません

 

 

生チョコ作りを通して考えたことがあるのです。

 

 

人生とワーホリ」について、です。

 

 

「生チョコ」と「人生」と「ワーホリ」。

 

 

奇妙な組み合わせですよね。

 

 

生チョコを作りながら、思い始めたのです、「なんでデンマークで生チョコ作ってるんやろ?不思議やなー」と。

 

 

そして、そこから、「いや、でもなんで今まで作らへんかったんやろ?」という疑問に変化しました。

 

 

もともとチョコレートが好きで、日本にいるときからよく食べていました。

 

 

普段は板チョコ(ビターなやつ)をよく買っていましたが、たまーに生チョコが食べたくなってコンビニで買ったり。

 

 

あの柔らかい独特の食感、たまに食べたくなりませんか?

 

 

「板チョコ」と「生チョコ」を食べ比べながら、「生チョコのこの食感はどうやって作ってるんやろ?難しいんかな?」と、少し気になっていました。

 

 

でも作り方を調べることも、もちろん自分で作るなんてこともせず、ただ食べるだけでした。

 

 

なんとなーく、生チョコの作り方を調べたり作ったりする時間が勿体ないと思っていたのだと思います。

 

 

平日は毎日朝から晩まで、時には休みの日にも仕事をする生活だったぼくにとって、「生チョコの作り方」を調べることは、そんな扱いでした。

 

 

そんなぼくでしたが、ワーホリビザを取得し、デンマークに来て、フォルケホイスコーレという学校での生活がスタート。

 

 

フォルケホイスコーレでのぼくの生活は、午前にデンマーク語の授業、午後はスポーツやアウトドアなどの選択授業、そして15時以降はフリータイム、というのが基本的な平日の流れ。

 

 

さらに土日は休みです

 

 

そう、めちゃくちゃいっぱい「自分の時間」があるのです。

 

 

「自分の時間」は、勉強をしたり、観光をしたり、みんなでゆーっくり話しながらのんびり過ごしたり。

 

 

本当に自由に過ごせているのですが、これだけ時間があるので、「今まで興味はあったけど手をつけられていなかったこと」も、どんどんできています。

 

 

読みたかった本をまとめて数冊読んだり、バトミントンをしたり、そして今回の生チョコを作ってみたり

 

 

ぼくはいままで生チョコの作り方を知らなかったですが、今回じぶんで作ってみることで、体で覚えることができました

 

 

「難しいんちゃうかな?」と思っていたのですが、すーっごく簡単でした。

 

 

そう、これは、「自分の時間」が増えたから、体験できて、「簡単」ということがわかったのです。

 

 

しかも、ただ簡単だということがわかっただけではなく、できることが1つ増えたのです

 

 

ぼくはたぶん、ずっと日本にいてサラリーマンを続けていたら、生チョコを作ることはきっとなくて、生チョコの作り方を知らないまま一生を終えていたと思います。

 

 

それはやっぱり、毎日働いて、時間も体力もなかったからです。

 

 

いえ、厳密には自分の時間が全くなかったわけではないので、本当にホントウに興味があれば、できていたと思いますが、ぼくの中の「生チョコレベル」のことは、完全に後回しにしてしまい、結局しないまま終わっていました。

 

 

でも、デンマークに来て、フォルケホイスコーレでゆっくり過ごせているこの状況では、「生チョコレベル」の「ちょっと興味のあること」にも、手を伸ばせます。

 

 

このいろんなことにチャレンジできる環境は、AIや機械によって、たくさんの仕事が取って変わられるであろう今後に、すごく活きてくると思っています。

 

 

じぶんの「好き」とか「興味」を発見できて、それに時間を費やせて、AIや機械には取って変わることのできない「オリジナルなじぶん」が作れるんじゃないかな。

 

 

そんな風に思っています。

 

 

なので、これからも好きなことにどんどんチャレンジしていきます。

 

 

こんな時間が持てて、デンマークに来て、そしてフォルケホイスコーレに来れて、本当に良かったと思っています。

 

 

もちろん、サラリーマンをしていたときも、いろんなことを学べました。

 

 

でも、「ちょっと興味があって、してみたいこと」には手が届かなかった。

 

 

そして、どこか人間味が失われていたような気がします。

 

 

いろんな生き方があって良いと思うから、もちろんサラリーマンとして生活することも素敵だと思います。

 

 

でも、ワーホリや海外生活を通して、一度立ち止まってゆーっくりする時間を持つことが必要な人もたくさんいるんじゃないかな

 

 

ぼくは、生チョコを作りながら、そんなことを思いました。

 

 

別に一度立ち止まったからって死ぬわけじゃない。

 

 

むしろ、今まで気付けていなかった自分に出会えたり、素敵な人たちと繋がれたり、新しいことに触れることができたり。

 

 

「一生」で考えると、プラスになり、じぶんへの栄養になることもたくさんあるんじゃないかな。

 

 

生チョコ作りが、そんなことを教えてくれたのでした。