Twitterでもチョコチョコつぶやいてます
ワーキングホリデー

デンマークのワーホリビザに関する怖〜い話。まさかこんなことが・・・

デンマークのワーホリビザに関する怖〜い話。まさかこんなことが・・・

今回は、僕の友人の身に起きた、デンマークのワーホリビザ申請に関するちょっと怖いお話を・・・。

本人から、「デンマークでのワーホリを検討中の方に是非知っておいて欲しい!」という強い希望を受け、その貴重な情報をこのブログで書かせてもらうことになりました。

ホントに、「こんなこと起こったら困る・・・」と思ってしまう出来事です。

今からワーホリビザを申請する方には、是非とも読んでおいて欲しいです。

それでは、書いていきますね。

(はじめに) デンマーク大使館とSIRIについて

これから僕の友人の身に起こった怖い話を時系列に沿って書いて行きます。

が、その前に、この話に出てくる下の2つについて触れておきます。

  1. デンマーク大使館 [日本]
  2. デンマーク入国局(SIRI) [デンマーク]

日本にいる方は、東京にあるデンマーク大使館でワーホリビザの申請を行います。

デンマーク大使館はその申請を受けて、デンマークにあるデンマーク入国局(通称SIRI)というところとやり取りします。

SIRIが、デンマークへの移民者の入国管理などをしているところなんですよね。

そのSIRIが入国許可を出して、ビザが出来上がるという流れなのです。

これを踏まえて、この先を読んでくださいね。

 

デンマークのワーホリビザ申請で起こったトラブル

6/11 ワーホリビザ申請

6月11日、代官山にあるデンマーク大使館で、彼女はワーホリビザの申請をしました。

申請はWebからでもできるのですが、紙で申請したようです。

ちなみにWebでの申請方法は下の記事の通りです。

あわせて読みたい
デンマークのワーキングホリデー申請1
デンマークのワーキングホリデービザ申請方法先日、デンマークのワーキングホリデービザの申し込みをしました! 前回、デンマークのフォルケホイスコーレの1つであるIPCに...

8月から、デンマークにある学校「カルー・ホイスコーレ」へ行くことになっていた彼女は、入学日から逆算して6月にビザの申請を出すことに。

なぜ6月かと言うと、デンマークのワーホリビザ申請は、基本的にビザ開始日の2、3ヶ月前でないと受け付けてくれないのです。

 

8/12 ワーホリビザ無しでデンマークへ…

ちゃんと逆算して2ヶ月前に申請したビザなのですが、出発日が近づいてきても全然連絡が来ない・・・。

そしてなんと、ビザ取得の合否がわからないままデンマークへ出発する日を迎えることになったのです。

もちろん、海外へ旅行する時と同じ、いわゆる観光ビザで入国はできます。

でも、観光ビザの期間は最大90日。

それが過ぎてしまうと、日本に帰らないといけなくなります。

学校の期間は約5ヶ月なので、90日では足りないのです。

そんな状況で日本を発つことになった彼女ですが、8月12日に無事デンマークに入国。

ワーホリビザはないものの、カルーホイスコーレでの学校生活をスタートさせました。

ちなみに、ビザの許可証を日本の実家に送ってもらうように申請していたものの、デンマークに来たあとに日本の家に送られても受け取れません。

そこで彼女は、「ビザ許可証の郵送先を、デンマークの学校に変更して欲しい」という内容を、出発の2日前にメールで連絡することに。

そのメールは、ビザの申請をした日本のデンマーク大使館ではなく、デンマーク側の受入を管理しているデンマーク入国局(SIRI)に送ったそうです。

8/29 やっと来た連絡。でも、内容が…

デンマークに到着し、学校生活がスタートしてから2週間以上経った8月29日。

「ビザ許可証の郵送先を、デンマークの学校に変更して欲しい」とメールを送ったSIRIから、ようやく返信が。

そこにはこう書かれていたのです。

郵送先を変えたいというあなたのビザ申請が、どれのことなのか特定できないから、個人情報を書いてもう一度連絡してきて下さい。

え、どういうこと?

名前も、申請した時に付けられる申請番号もメールに書いたでしょ?

そう、彼女はちゃんと自分の申請を特定できるよう必要な情報を送っていたのです。

それなのに、「個人情報をちゃんと書いて」って言われた彼女は、混乱したに違いありません。

9/11 「電話してきて」

上で書いた、

郵送先を変えたいというあなたのビザ申請が、どれのことなのか特定できないから、個人情報を書いてもう一度連絡してきて下さい。

というSIRIからの連絡に対して、彼女は9月11日に返信しました。

すでに必要な情報は全部伝えているのに・・・と思いつつ、「連絡して」って言われたらもう一度送るしかないですよね。

というわけで、彼女は再び、フルネームと申請番号を書いてメールしました。

すると、SIRIから今度はこんな連絡が。

プライベートな問題なので、TELしてきて。

9/12 衝撃の事実。「あなたの申請番号がありません」

散々ここまで待たされた挙げ句、次は電話して来いとの指示。

でも、早く解決したいし、彼女はもちろん電話しました。

するとそこで、SIRIから衝撃の事実を告げられるのです。

SIRIの担当者
SIRIの担当者
あなたの申請番号がこちらにはありません。

え?

そんなわけはない。

彼女の手元には、確かに申請したときの書類と申請番号があるのです。

何かがおかしい・・・。

状況を確認するため、今度はSIRIではなく、申請を出したデンマーク大使館に彼女は連絡を取りました。

9/12 大使館に連絡すると…

SIRIの担当者から、

SIRIの担当者
SIRIの担当者
あなたの申請番号がこちらにはありません。

と言われた彼女。

デンマーク大使館でビザを申請し、申請番号まで付与されてるんだから、これは大使館に連絡して確認するしかない。

ということで、同じ日に、日本にあるデンマーク大使館へ電話しました。

電話で、「SIRIから申請番号がない」と言われたことを説明。

すると、デンマーク大使館にはきちんと彼女の申請データが残っていることが判明しました。

やっぱり申請はちゃんとできていたのです。

さらに大使館は、「その申請は確かにSIRIに送った」と説明。

でも、SIRIには彼女の申請がない。

ということはつまり、大使館 – SIRI間のやり取りで何か不備があり、SIRIに申請データが届いていなかった可能性が濃厚です。

そこまでわかった彼女は、そのことを伝えるため、再度SIRIに連絡を取りました。

9/14 ビザの再申請

彼女は、日本のデンマーク大使館と電話した内容をSIRIに伝え、この後どうするべきなのかを聞きました。

すると、デンマーク大使館に残っている彼女の申請データを使って、新しい申請として再度処理するということに。

今回の件はデンマーク大使館とSIRIの落ち度であるため、その再処理に関しては全て大使館とSIRIで進められることになりなりました。

ただ、いくつか最初の申請時から変わって部分があり、そのやり取りは彼女とSIRIでする必要がありました。

その一つが、ビザ開始日の変更。

当初申請したときは、学校が始まる日に合わせて8月からビザをスタートさせるように依頼していました。

でも、この一連の流れがあり、8月にビザが発給されなかったため、開始日を変更する必要が。

SIRIと話し合った結果、遅れた分を考慮してもらい、10月スタートに変更してもらえたとのことです。

それはよかったんですが、その開始日変更であるとか、郵送先の変更などのやり取りに関してのSIRIからの連絡が、なんと全部手紙で来たらしい。

おそらくこれは個人情報漏洩を防ぐためや本人確認の意味も含めてやっていることだと思われるのですが、

紙だとどうしてもタイムラグができるし、スムーズにやり取りできないので、めっちゃ煩わしかったそうです・・・。

10/15 ワーホリビザ取得!

ビザ再申請から1ヶ月後の10月15日、ようやくワーホリビザ許可の手紙が届きました!

6月11日に行った最初の申請から、約4ヶ月もかかってようやく取得。

このワーホリビザの許可があと15日ほど遅かったら、観光ビザの期限が切れてしまって日本に帰らないといけないところだったのです・・・。

ギリギリ間に合ってホントによかったけど、恐ろしい話だ・・・。

まとめ

本当にあったデンマークのワーホリビザ申請の怖い話、いかがでしたでしょうか?

こんな怖い体験をした彼女から、みなさんに是非お伝えしたいという大事なポイントをいただきました!

  • ビザの申請は余裕を持って行いましょう。
  • SIRIに問い合わせがある場合は、TELか問い合わせフォームを使いましょう。メールでは答えてもらえません。
  • ビザ申請は、今回のように紛失する可能性もありますので、変だと思ったらすぐに大使館かSIRIに連絡を!

本人からの心のこもったメッセージです。

みなさんも、もし「何かおかしい・・・」と思うことがあったら、早めに連絡して対処するようにしてくださいね。

Booking.com