Twitterでもチョコチョコつぶやいてます
日々の学校生活

ビングオーグレンダールとデンマーク人

おばあちゃんの写真

今日は授業の一環で、デンマーク人のおばあちゃんのお家にお邪魔してきました。

毎週水曜日に、「デンマークのお年寄りと交流しよう!」という授業があって、今日がその日だったのでした。

先週までは高齢者が集まる施設に行って、そこでおじいちゃんおばあちゃんと話す感じだったんですが、今週はおばあちゃんが家に招待してくれたのです。

この授業では、4人1組のグループに別れて、それぞれのグループに1人お年寄りがつく、ということになっています。

僕たちのグループのおばあちゃんは、現在85歳でひとり暮らし。

目がほとんど見えておらず、さらに杖をつきながら移動されています。

それなのに、僕たちが家に行くと、コーヒーやお菓子を丁寧に準備してくださっていて、これには感動・・・!

おばあちゃんが用意してくれていたお菓子とコーヒー!おばあちゃんが用意してくれていたお菓子とコーヒー!

お菓子とコーヒーをいただく前に、コーヒーを入れるためのカップの話に。

実はこのカップには、こんなカモメのデザインが。

カモメがデザインされたカップカモメがデザインされたカップ

これを見た施設の職員さんが、

「これはデンマークで伝統的なおもてなしのスタイルなの」

と言っていました。

正直きちんとデンマーク語が聞き取れなかったものの、このカモメがどうやらデンマークで大事な存在っぽい。

気になった僕は、学校に帰ってきてから調べてみたんですが、どうやらこのカップはBING & GRøNDAHL(ビング オー グレンダール)社のものだそう。

ビング オー グレンダール社は、デンマークを代表する陶磁器ブランド「ロイヤルコペンハーゲン」と競うほど人気のあったメーカーです。

世界中にファンを持つブランドなんですよね。

ちなみに現在はロイヤルコペンハーゲンに吸収されています。

おばあちゃんはこのカップ以外にもいくつか同じカモメのデザインの食器を持っていたので、きっとめっちゃ好きなんだと思います。

さっきの職員さんの言葉を聞くと、みんなから愛されていたデザインなんだな、ということがわかりました。

そんなカップの話から始まった今日の訪問ですが、すごく楽しい時間を過ごすことができました。

おばあちゃんは本当に僕たちと会話するのを楽しみにしてくれているみたいで、満面の笑みで「今日を楽しみにしてたのよ!」と言ってくれました。

ホント嬉しい・・・。

僕たちもこの時間が本当に好きで楽しみながら毎週訪問しています。

僕は1週間の中で、今はこの授業が一番好きなぐらい。

今日もおばあちゃんが用意してくれたお菓子とコーヒーを頂きながら、いろんな話ができました。

今日の話の中心は、おばあちゃんが持っているたくさんの写真。

「これは〇〇に行った時のもの」

「これは私の息子なの」

と、解説しながら見せてくれました。

おばあちゃんの写真おばあちゃんの写真

どうやらおばあちゃんは旅行が大好きだったみたいで、あちこちに行かれてました。

そんな感じで、今日もまたデンマークのことを知ることができた一日になったのでした。

来週も楽しみだ。

今日はもう眠たいので、この辺で。

あわせて読みたい
デンマークの福祉
デンマークの福祉は「ゆりかごから墓場まで」下の絵は、デンマークのあることを表しています。 何かわかりますか? 正解は、デンマークの福祉。 左下にあるのは...
Booking.com