Twitterでもチョコチョコつぶやいてます
デンマークの旅行、観光

モースゴー先史博物館は、「建物」と「グラウベールマン」がすごい。

めちゃくちゃ保存状態のいい黒いミイラ

ミイラを見てきました。

こんにちは。

今日はフォルケホイスコーレ(学校)の授業の一環で、モースゴー先史博物館(MOESGAARD MUSEUM)というところに行ってきました。

オーフスにある、でっかい博物館でございます。

あ、オーフスっていうのは、デンマークで2番目に大きな都市なんです。

僕は今日で2回目の訪問でしたが、好きな場所なんで「また来れてラッキー!」って感じでした。

ここは、前にまとめた、「オーフスのおすすめスポット」の記事でもピックアップしたぐらい、おすすめ観光地のひとつ。

*オーフスおすすめ観光地の記事はこちら↓

あわせて読みたい
オーフス観光にオススメ!デンマーク第二の都市にある建物が魅力的なスポット今回は、デンマーク第二の都市であるオーフスの観光スポットについて書いていきます。 デンマークと言えば首都のコペンハーゲン。...

この博物館には、石器時代〜鉄器時代の様子や暮らしに関する展示があって、貴重な物をたくさん見れます。

モースゴー先史博物館の目玉

そんなモースゴー先史博物館ですが、ここの目玉は、建物自体ミイラ

順番に説明しましょう。

建物

まずは建物。

外から見たらこんな感じです。

モースゴー先史博物館を外から見るモースゴー先史博物館を外から見る

めっちゃ、長ーく傾斜してます。

この傾斜している屋根の部分には芝生が敷かれてて、自由に登れるようになってるんです。

冬になると雪が積もって、ソリで滑る人もチラホラいるんだとか。

この博物館は結構高い位置にあるんで、この屋根の上からの景色がなかなか良いです。

こんな感じ。

モースゴー先史博物館からの景色モースゴー先史博物館からの景色

この写真は前回来たときのものなんですが、夕日がこの通り素敵でした。

「なんか今風な建物やな〜」と思われた方もいると思いますが、それはその通りで、この建物は2014年に建てられた割と新しい建築物なんですって。

モダンなわけだ。

ミイラ(グラウベールマン)

そして、もう一つの目玉が、ミイラ

どんなミイラかというと、こんなミイラです。

めちゃくちゃ保存状態のいい黒いミイラめちゃくちゃ保存状態のいい黒いミイラ

どうですか?

イメージしていたミイラとちょっと違っていませんか?

僕は「ミイラ」って聞くと、骨だけのガイコツ状態が頭に思い浮かぶんですが、このミイラはこの通り、ホネホネしていないんですよね。

なんか、めちゃくちゃリアルじゃないですか?

発見当時は髪の毛や爪もほぼ原型通りで、なんと指紋まで綺麗に取れたそうですよ。

衝撃的。

こんなに保存状態がいいのは、このミイラが発見された場所が関係しているみたい。

その場所は、泥炭地だそう。

ん?泥炭地って何?と思われたそこのあなた。

僕も「ん?」って思ったので調べてみましたよ。

泥炭」というのは、気温が低すぎて植物が完璧に分解されずにできる土らしいです。

へー。

その泥炭がいーっぱい積み重なってできた場所が「泥炭地」なんですって。

ほー。

この泥炭は、細菌がブワァーっと増えるのを防ぐし、ヒトの体のような有機物を保存するのにめっちゃいいんだとか。

だから、こんなミイラが出来たんですね。

あ、ちなみにこのミイラの名前は、「グラウベールマン」。

グラウベールというのは、このミイラが発見されたデンマークの土地の名前です。

まとめ

というわけで今日はモースゴー先史博物館について書きました。

もしデンマークのオーフスに来られたら、ぜひ行ってみてくださいね。

オーフスには他にも観光にいい場所がいくつかあります。

個人的に「ええな〜」と思ったところは、下の「合わせて読みたい」のところに載せている記事にまとめているので、良かったら読んでみてくださいね。

あわせて読みたい
オーフス観光にオススメ!デンマーク第二の都市にある建物が魅力的なスポット今回は、デンマーク第二の都市であるオーフスの観光スポットについて書いていきます。 デンマークと言えば首都のコペンハーゲン。...

 

<参考>