ブログ

デンマークの福祉は「ゆりかごから墓場まで」

デンマークの福祉

下の絵は、デンマークのあることを表しています。

何かわかりますか?

正解は、デンマークの福祉

左下にあるのは、ゆりかご。

右下にあるのが、お墓。

その上にロープが張ってあって、そこをピエロっぽい人が渡っています。

サーカスをモチーフにしているように見えます。

何を表現しているかというと、デンマークの福祉の手厚さです。

この絵は、生まれてから死ぬまで、綱渡りをしているように見えるけど、実は落ちても大丈夫なセーフティーネットがある、ということを言っています。

デンマークは高福祉国家として有名。

  • 学費は大学まで無料
  • 病院は無料
  • 失業した時のケアが整っている

など、日本から見ると羨ましいことだらけです。

今日授業で聞いたんですが、失業手当は2年にも渡ってもらえるそうですよ。

そんな手厚い福祉は、高い税金によって実現しています。

わかりやすいところでいうと、消費税。

デンマークの消費税は驚きの25%です。

高いですよね。

でも、どうでしょう。

もしここまで手厚いサポートを受けれるなら、僕は高い税金を払ってもいいなと思ってしまいます。

この充実した福祉が成り立つ背景には、デンマークの平等主義があります。

平等を表す指標はいくつかありますが、そのひとつが所得格差

所得格差を測る指標「ジニ係数」のランキングを見ると、デンマークは世界トップ5に入ります。

このベースがあるから、みんな高い税金を払って、お互いに助け合う体制が取れているんだと思います。

というわけで今日は、デンマークの福祉について書いてみました。

<参考>

「世界収入不平等指数ランキング」 1%の富裕層が世界の富の半分を保有? | ZUU online