ポストカード、はじめました。
デンマーク生活

今日はフォルケお休みでした

今日はフォルケお休みでした
今日はフォルケお休みでしたPhoto by Parker Burchfield on Unsplash

 

今日も少し、ほろ酔いです。

 

 

シャンパンを飲んだからです。

 

 

なので木曜日と同じく、もし変な文章になっていても、許していただけると、とっても嬉しいです。

 

 

 

 

さて、今日は土曜日なので、フォルケホイスコーレ(学校)、休みでした。

 

 

ぼくが通っているフォルケホイスコーレは、月〜金が授業、土日が休みです。

 

 

休みの日は、みんなそれぞれ自由に過ごします。

 

 

勉強をする人、リラックスしてゆっくり過ごす人、外に出かける人、などなど、さまざまです。

 

 

ぼくはどちらかというとアクティブな方で、週末は結構外に出かけます。

 

 

学校の近くで一番大きな街のオーフスへ行ったり、首都のコペンハーゲンへ行ったり。

 

 

2週間前は、前職の先輩に会いに、ドイツにも行ってきました。

 

 

ちなみに今日はオーフスに行ってきて、買い物とお食事を。

 

 

デンマークも少しずつですが寒さが落ち着いてきたので、少し春用の服でも買おうかと思い、ウロチョロ。

 

 

オーフスには14時過ぎにつきました。

 

 

「まだ14時やし、ゆっくり色んな店を回ろう〜」と思って、何も考えずにブラブラしていたのですが、大事なことを忘れていました。

 

 

店が閉まるのが早いんです。

 

 

だいたいの店が16時17時には閉まっちゃいます。

 

 

もちろん今までも何回か買い物をしたので、店が閉まるのが早いことは知っていたけど、

 

 

なんか日本の感覚でいて、忘れてしまっていました。

 

 

ぼくはそこまで多くの国に行ったことがあるわけではないですが、シドニー(オーストラリア)に行ったときも、お店の閉店時間が早かった記憶があります。

 

 

みんな、仕事は早く切り上げて、プライベートの時間を楽しんでいるようです。

 

 

ちなみにデンマークの法定労働時間は、週37時間だけです。

 

 

労働時間が短い分、お金を稼げてないんじゃないの?となるんですが、

 

 

それがそうでもなくて、一人あたりのGDPは日本よりも高く、すごい生産性が高い。

 

 

物価も高いんですが、これはもしかしたら、こっちの物価が高いんじゃなくて、日本の物価が安すぎるのかな?

 

 

こっちに来て思ったのは、物価は高いけど、いろんな物において、品質はやっぱり日本の方が良い。

 

 

物だけじゃなくて、サービスの質もそうです。

 

 

あれだけ素晴らしい品質で、物価が安いんだから、そりゃ外国人さんも日本に行くんでしょうね。

 

 

なんとなく、「日本独自の文化とか、観光地が素晴らしい!」と思われているから、日本は人気なのかなーなんて思ってました。

 

 

が、

 

 

ここ数年、訪日外国人数が年々増えているのは、

 

 

実は、物・サービスのコスパが良すぎることに気づき出して、たくさんの外国人が日本に来るようになったのかもですね。

 

 

それで潤えばいいんですが、「なんだかなー」と思います。

 

 

日本にいたときには、もちろん日本のことしか知らなかったので、まったくそんなことを思うことはなかったです。

 

 

海外に出てみると、世界から見た日本の立ち位置を、なんとなーく感じることができるのかもしれないですね。

 

 

今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

 

 

今は23時45分です。

 

 

シャンパンの効果がテキメンなので、もう寝ますね。

 

 

ぼくは酔うと、眠たくなるタイプです。