ポストカード販売しています
北欧インテリア

【北欧雑貨】愛されまくり。KAHLER(ケーラー)の歴史と人気シリーズ

KAHLER

北欧インテリアシリーズ第5弾!

今回はKAHLER(ケーラー)でございます。

デンマークにいけば、本当ぉ〜にKAHLERの花瓶をよく目にします。

めちゃめちゃ人気なんですよ。

今日はそんなKAHLERの歴史人気シリーズを見ていきましょう!

KAHLERとは?

180年前に誕生した陶器メーカー

陶器メーカーのKAHLERは、今から約180年前の1839年にデンマークのNæstvedで誕生しました。

Næstvedは、首都コペンハーゲンのある島、「シェラン島」の南の方にあります。

KAHLERを創ったのは、陶芸家のHERMAN JOACHIM KÄHLERさん。

「KAHLER」は彼の名前から来ています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kähler Design(@kahlerdesign)がシェアした投稿

HERMANさんはドイツ北部出身なのですが、デンマークへ移住。

そして移住後、すぐに陶器作りをスタートします。

それが1839年だったのでした。

彼は古い伝統に忠実であり続け、お皿やジャム瓶など、日々使われる物を作り続けました。

 

デンマークで陶芸家としてのキャリアをスタートして30年以上が過ぎた1872年、彼は引退します。

実は彼には7人もの子供がいたのですが、KAHLERは息子のHerman August KählerとCarl Frederik Kählerが引き継ぎました。

 

KAHLERを世界に広めたH.A.Kahler

 

この投稿をInstagramで見る

 

Silla Pi(@sillapi)がシェアした投稿

創業者の息子Herman August Kählerさんは、KAHLERというブランドを世界中に広めた立役者です。

 

お父さんの元で見習いとして修行した彼は、デンマークのHolmegaardという場所で釉薬塗りのワークショップを開きます。

そのあと、Holmegaardを出て、職を探しながら街から街へと転々としていました。

ベルリンやパリなど、ヨーロッパ中を旅して回りながら各地のワークショップで仕事をしながら感性を磨いていったそうです。

 

いろんな経験を経て、ひと回りもふた回りも大きくなり、1867年にNæstvedに戻ってきました。そして数年後、お父さんからKAHLERを継いだのでした。

彼はアーティスティックなデザインを追い求め、他の陶芸家とは一線を画す存在になっていきます。

そんな彼の姿勢に感銘を受けたデンマークの素晴らしいアーティストが集まってきて、NæstvedはH.A.Kählerと志を共にする人たちの拠点となっていきました。

 

H.A.Kählerさんは積極的に海外へ打って出ます。

パリ、ニューヨーク、ストックホルム、ブリュッセルなどなど、世界中の展示会や美術館にKAHLERの作品を出し、どんどん注目を集めていきました。

それが今のKAHLERの人気の基礎になったんですよね。

 

KAHLERのすべての製品に、下の文字が押されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kähler Design(@kahlerdesign)がシェアした投稿

「HAK」って書いてあるんですが、そう、これはH.A.Kählerさんのイニシャルなんですよ!

彼の功績の大きさがわかりますよね。

 

KAHLERの家族経営が終了

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kähler Design(@kahlerdesign)がシェアした投稿

1940年、兄弟であるNils KählerとHerman Jørgen KählerがKAHLERを継ぎました。

この2人の代が、Kählerの家族経営最後の世代になります。

 

2人はデザイナーとして働きますが、Nilsさんはアーティスト寄りの仕事を、Herman Jørgenさんは管理系の仕事を担当しました。

Nilsさんは当時、「the young Kähler」として知られていたそうです。つまり、素晴らしい職人さんだったってことでしょうね。

彼は職場の古いろくろを入れ替えたのをきっかけに、大きな花瓶作りにハマっていきます。

そんなときに、楽しむためにブタの貯金箱を作ったり、そこから派生して他の動物もモデルに色々作ってたんですって。

そしたら、なんかそれの評判がすごくよくて、製品化されることになり、結果、Kahlerの歴史の中でも大人気の商品になっちゃいます。

何が起こるかわからないものですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kähler Design(@kahlerdesign)がシェアした投稿

 

KAHLERの人気シリーズ

KAHLERは創業180年の会社ですから、それはそれはいろんな製品が作られてきました。

ここでは、その中でも人気のシリーズをいくつかピックアップしてみたいと思います!

Ommagio

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kähler Design(@kahlerdesign)がシェアした投稿

KAHLERの顔的存在のOmmagioシリーズ。

デンマークにいたとき、全員の家とまでは言いませんが、このOmmagioを置いている家をめちゃくちゃいっぱい見かけました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kähler Design(@kahlerdesign)がシェアした投稿

横にボーダーラインが入ってますが、これ、今も全部手書きなんですって。

なんか温かみを感じるなと思ってたら、そういうことでした。

素敵です。

 

Hammershøj

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kähler Design(@kahlerdesign)がシェアした投稿

こちらも定番のシリーズ。

Ommagioとは違って、今度は縦のラインが特徴です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kähler Design(@kahlerdesign)がシェアした投稿

このシリーズを作ったのは、HANS-CHRISTIAN BAUERというデザイナーさん。

シリーズ名の「Hammershøj」は、KAHLERで働いていたデザイナーSvend Hammershøjさんから取っています。

 

Unico

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kähler Design(@kahlerdesign)がシェアした投稿

独特の風合いを持つUnicoシリーズ。

小さな足にプックリした球体が付いている花瓶が可愛いです。

 

Urbania

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kähler Design(@kahlerdesign)がシェアした投稿

小さな家を陶器で表現したシリーズ。

教会やタワーなど、いろんな種類の建物があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kähler Design(@kahlerdesign)がシェアした投稿

中にライトを設置すれば、めっちゃヒュッゲ。

癒しの空間が出来上がります。

 

Nobili

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kähler Design(@kahlerdesign)がシェアした投稿

北欧の冬の森からインスピレーションを受けてデザインされたNobiliシリーズ。

クリスマスのデコレーションに最適です。

 

KAHLERを飾ればデンマークらしさアップ

というわけで今回は、KAHLERにについてお届けしました。

デンマーク人に本当に愛されているブランドで、ホントに現地でたくさん見かけました。

これを飾ればデンマークらしさがアップするかも?!

イブ・アントーニのポストカード
【北欧雑貨】イブ・アントーニの生涯と代表的なデザイン5選イブ・アントーニという名前を聞いたことはありますでしょうか? デンマーク国内ではめちゃくちゃ有名な人なんですが、もしかしたら初めて...

 

参考:Experience the inspiring universe of beautiful Nordic design | Kahler