Twitterでもチョコチョコつぶやいてます
コペンハーゲン

【オススメ】コペンハーゲンカードでお得に観光できます

お得なコペンハーゲンカード

北欧の中でも人気の場所、デンマークの首都コペンハーゲン。

コンパクトなこの街には、世界的に有名な美術館やお城など、見所がたくさんあります。

しかし、デンマークは物価が高い・・・。

何をするにも、それなりのコストがかかってしまいます。

でも、そんな旅行者を助けてくれる物が!

それが、コペンハーゲンカードです。

今日は、コペンハーゲンを観光するなら必須と言っても良い、コペンハーゲンカードについてまとめたいと思います。

コペンハーゲンカードとは?

お得なコペンハーゲンカードコペンハーゲンカード

コペンハーゲンカードは、コペンハーゲン近郊で使える観光フリーパス

このカードを持っていると、有名な観光スポットや、電車・バスなどの交通機関が全て無料になるという、とても便利な物なんです。

 

86の観光スポットと公共交通機関が無料に

コペンハーゲンカードが使える対象は、86箇所の観光スポットと公共交通機関です。

それぞれご説明します。

観光スポット

コペンハーゲンカードで無料になる86の観光地には、有名どころが大体すべて網羅されています

主なところで言うと、下のような場所です。

  • チボリ公園
  • ローゼンボー城
  • クロンボー城
  • アマリエンボー城
  • ルイジアナ美術館
  • デンマークデザインミュージアム
  • コペンハーゲン市庁舎
  • デンマーク国立水族館
  • ラウンドタワー
  • ロスキレ大聖堂

コペンハーゲンに来た人が行きたいであろう魅力的な場所はほとんど入っています。

また、ロスキレ大聖堂と言った、コペンハーゲン中心地から少し離れた観光スポットも含まれていたりするんです。

素敵です。

86ヶ所なので、もちろん他にも無料になる施設がたくさん。

詳しくは公式サイトのアトラクションページに書いてあるのでそちらをチェックして下さいね。

 

公共交通機関

電車、メトロ、バスが無料になります。

このカードが使えるのは、下の地図のエリア内

デンマークの公共交通機関はゾーン制になっているんですが、ゾーン番号で言うと1〜99がその範囲です。

コペンハーゲンカードで公共交通機関が無料になるエリアコペンハーゲンカードで無料になるエリア(Public Transportation | Copenhagen Card

この地図の通り、「コペンハーゲンカード」と言いながらも、使える範囲はコペンハーゲンだけでなく、かなり広いです。

そのため、中心地から少し離れた場所にあるお城や美術館を行くときにも使うことができます。

この地図は、コペンハーゲンカードの公共交通機関の説明ページでダウンロードできるので、旅行前に印刷して持っていくと良いかもしれません。

 

4つのプランから選べる使用時間

コペンハーゲンカードは4つのプランから使用時間選べる4つのプランから選べる使用可能時間

コペンハーゲンカードは、下の4つのプランの中から使用時間を選択できます。(値段は大人ひとり分)

4つのプラン
  • 24時間:約7,000円
  • 48時間:約10,000円
  • 72時間:約12,000円
  • 120時間:約15,000円

時間を長くするほど、1日あたりの値段がお得になるので、もし2〜3日旅行するならそれに合わせて選ぶとよりメリットが出ます。

 

コペンハーゲンカードのメリット

コペンハーゲンカードのメリットは?コペンハーゲンカードのメリットは?

2〜3ヶ所観光するならお得に

1ヶ所だけ観光するならメリットは出ませんが、まとめて複数の場所に行くのならコペンハーゲンカードを買った方がお得になるケースが多いです。

例えば、チボリ公園とクロンボー城に行くとしましょう。

チボリ公園の入場料は、大人ひとり約2,000円。

クロンボー城は、約1,500円です。

クロンボー城はコペンハーゲンから少し離れており、電車に乗って行くと、往復で約3,600円。

合計すると、7,100円に。

コペンハーゲンカードの24時間プランは約7,000円なので、普通に行くよりコペンハーゲンカードを使った方が100円ほどお得になるのです。

24時間プランは一番単価が高いので、例えば2日間旅行するのなら、48時間プランのカードを買うことでよりお得に使うことができます。

ちなみに、コペンハーゲンカードの公式サイトで、実際どれくらいお得になるのかを計算できるようになっています

行く予定の場所や購入予定のプランを選択するだけで簡単に計算してくれるので、ご自身の旅行がこのカードを使うことでメリットがあるのか、事前に計算してみてくださいね。

チケットを買う手間が省けてラク

コストを抑えることができるのが1番のメリットですが、もう一つ良い点があります。

それは、チケットを買う手間が省けるということ。

コペンハーゲンカードを持っていると、施設ごとに入場チケットを買う必要はないですし、電車やバスもそのまま乗れます。

煩わしい作業を減らせるという点も、コペンハーゲンカードを使うメリットの1つです。

 

コペンハーゲンカードの購入方法

コペンハーゲンカードの購入方法は、ネットと店頭の2パターンあります。

ネットで購入

一つ目の方法は、ネットでの購入。

コペンハーゲンカードのホームページから買うことができます。

購入後、メールでPDFが届くので、それ印刷し、コペンハーゲン市内のインフォメーションセンターなどに行って、実物のコペンハーゲンカードを受け取るという流れです。

受け取れる場所は、コペンハーゲンカードのホームページで確認できるので、チェックしてみてください。

もし希望があれば、カードは郵送もしてもらえるようです。

 

店頭で購入

僕はこれまで2回コペンハーゲンカードを購入しましたが、どちらも店頭で直接買いました。

カードが買える場所は、たくさんあって、コペンハーゲンカード公式サイトの店舗リストで確認することができます。

ちなみに僕は、1回目は、コペンハーゲン駅の中にあるセブンイレブンで、

2回目は、コペンハーゲン空港のインフォメーションセンターで購入しました。

「コペンハーゲンカードください」と言うと伝わるので、とても簡単に買うことができますよ。

 

コペンハーゲンカードの使い方

カードに手書きで開始日を書く

コペンハーゲンカード、実はかなりアナログなシステムなんです。

なんと、カードを買ったあと、使い始める時間を自分で決めて、その日時をカードに手書きするのです。

つまり、買った瞬間にカードが使える時間がスタートするのではなく、開始時間は買ってから自由に決めれるというルール。

使う側からしたら便利ですが、なんかすごくアバウト・・・。

観光施設での使い方

美術館やお城など、各観光スポットで使うときは、受付でこのカードを見せればOKです。

カードについているバーコードをスキャンされることがありましたが、それだけで入ることができます。

公共交通機関での使い方

電車

電車ですが、デンマークの駅には改札がなく、誰でも電車に乗れてしまいます。

じゃあどうやって乗車チケットを確認しているかというと、電車の中でスタッフさんが回ってきて、一人ずつチェックするのです。

もし電車の中でチケットの提示を求められたら、コペンハーゲンカードを見せるだけで大丈夫です。

メトロ

メトロも電車と同じで、改札がありませんので、コペンハーゲンカードを持って乗るだけでOKです。

電車とは違って、一人ずつ乗車券をチェックされることはないのですが、たまに抜き打ちで確認されることがありますので、その時にカードを見せます。

バス

バスで使うときは、乗車時に運転手さんにカードを見せてください。

カードの使用期限が問題なければ、そのまま乗せてくれます。

 

まとめ

今回は、コペンハーゲンカードについてまとめました。

コペンハーゲンカードのまとめ
  • コペンハーゲン近郊の観光に使えるフリーパス
  • 使える場所は、86の観光施設と公共交通機関
  • 有効期限は4つの中から選べる
  • いろんな場所を観光するならお得
  • ネットか店頭で購入できる

上手に使ったらかなりお得になるカードなので、ぜひコペンハーゲンを観光される際は有効活用してくださいね。

Booking.com