Twitterでもチョコチョコつぶやいてます
デンマークの旅行、観光

アーティストが集まるデンマークの島、「Langeland(ランゲラン)」

ランゲランのアートタワー

今日は、先日行ってきたLangeland(ランゲラン)という島について書きたいと思います。

 

ランゲランは、僕が通っているフォルケホイスコーレ(学校)の先生が教えてくれたデンマークの島です。

 

行ってみると魅力たっぷりな場所で、またいつか戻ってきたいと思うほどでした。

 

日本ではあまり知られていない場所だと思うので、僕が見たこの島のあれこれをまとめてみます。

 

ランゲランってどんなところ?

フュン島の近くにある島

ランゲランは、フュン島(童話作家アンデルセンで有名なオーデンセという街があるところ)の南東にあるデンマークの島です。

 

人口は2018年現在で約12,500人

 

面積は285㎢と、日本で一番小さい都道府県である香川県の約1/6の大きさです。

 

アーティストが集まる場所

この島は人が少なく、自然が豊かでゆっくりした時間が流れています。

 

集中してモノづくりができる環境だからか、ここには陶器や手作りの雑貨を作るアーティストがたくさん集まっているそう。

 

この島で出会った人の話によると、ここには40〜50人ほどのアーティストがいるんだとか。

 

「芸術」がこの島の代名詞のひとつになってるようです。

 

可愛い街並み

ランゲランにはカラフルな家がたくさん並んでいます。

 

街の道路は石畳みで、さらに雰囲気を高めてくれていました。

ランゲランのカラフルな街並み

 

可愛い街並みを見ながら散歩するだけで癒されます。

 

ランゲランの見所あれこれ

ここからは、ランゲランで過ごしてみて発見した、僕が思うこの島の見所をいくつかピックアップしますね。

お城

ランゲランには古いお城があります。

 

それが、TRANEKÆR CASTLEという名前のお城です。

デンマークで一番古い住宅?TRANEKÆR CASTLEに入れなかったTRANEKÆR CASTLE

 

このお城は、Ahlefeldt-Laurvigというファミリーが1659年にゲットしたらしいのですが、そこからずっと人が住んでるそうです。

 

この島の観光パンフレットによると、TRANEKÆR CASTLEはデンマークで一番古い住宅らしい。

 

今も人が住んでいるので、このお城は常に一般公開しているわけではありません

 

7月の2週間だけ開いているそうなので、もし行くなら注意が必要です。

 

ちなみに僕はそれを知らず、お城まで行ったけど閉まっててトンボ帰りしてきました・・・。

 

アートタワー

上で書いた通り、この島のキーワードのひとつが「芸術」です。

 

島の中には「アートタワー」と呼ばれる、芸術家たちが自分の個性を出して手がけるタワーが全部で12個あります。

 

アートタワーは、1.5m × 1.5m × 8mの大きさ。

 

島のあちこちにランダムに建ってます。

ランゲランのアートタワーランゲランのアートタワー

 

タワーには入口が付いていて、中に入れます。

 

中には各アーティストが作ったアートが。

アートタワーの中にはそれぞれ作品がアートタワーの中にはそれぞれ作品が

 

僕は滞在期間中、2つしか発見できなかったんですが、全部探してみるのも面白いと思います。

 

ちなみにアートタワーの場所は島のパンフレットにちゃんと載ってるんで、闇雲に探す必要はありません。

 

 

陶器屋さんや雑貨屋さん

またまたアーティストつながりなんですが、島の中で発見した陶器屋さんや雑貨屋さんをご紹介します。

 

森の中にある陶器屋「Keramiker Poul Erik Eliasen」

Keramiker Poul Erik Eliasenは、街から遠く離れた森の中にある陶器屋さん。

Keramiker Poul Erik EliasenKeramiker Poul Erik Eliasen

 

森の中にお店がある森の中にお店がある

 

森の中にあるというだけで気になると思うんですが、商品もすごくよかったです。

 

ここの陶器は模様が独特。

オリジナルな模様の陶器オリジナルな模様の陶器

 

形もユニークな器たち形もユニークな器たち

 

僕は陶器の作り方に精通しているわけではないんですが、ここの店主は、そんな僕にもわかりやすく簡単に製法を説明してくれました。

 

そうそう、店主がすごく良い人でした。

 

もしかしたら日本人が珍しかったからかもしれないですが、陶器のことだけじゃなく、なんで来たの?とか、どこに住んでるの?とか、興味を持っていろいろ聞いてくれました。

 

店主も含めて、おすすめのお店です。

 

芸術作品のような物が買える「ting」

tingは、この島メインの街「Rudkøbing」にあるお店で、アクセサリーやオブジェなんかを扱ってました。

 

釘や葉っぱなど、何気ない物から着想を得て作っている商品は、まるでアート作品。

 

どれもこれもハンドメイド感がありながらも、美しさを伴った素晴らしい物ばかりでした。

 

まるでアート作品のようなアイテムばかりまるでアート作品のようなアイテムばかり

 

アクセサリーやオブジェなどアクセサリーやオブジェなど

 

お店の一角に作業台があって、全てではないかもしれませんが、商品はここで作成しているようでした。

作業中のアーティストさん作業中のアーティストさん

 

ちなみに上の写真の方はデンマーク人ではなく、イタリア出身。

 

国外からも人が来るほど、ランゲランはアーティストに魅力的な場所なんですね。

 

 

犬が出迎えてくれます。「KERAMIK & VÆV」

KERAMIK & VÆVもRudkøbingにある陶器のお店。

KERAMIK & VÆVKERAMIK & VÆV

 

ちょっと一捻りした縞模様が特徴の商品が多かったです。

可愛い縞模様の商品可愛い縞模様の商品

 

陶器だけじゃなく、ファブリックも陶器だけじゃなく、ファブリックも

 

このお店では犬が出迎えてくれました。

気持ち良さそうに寝てました気持ち良さそうに寝てました

 

ワイルドな馬

この島には、「ワイルドな馬」がたくさんいます。

 

パンフレットに「ワイルド」って書いてたんで、みんな野生なんかと思ってたんですが、一応人が管理してるようです。

 

自転車で走ってるとこんな群れを発見。

ワイルドな馬たちワイルドな馬たち

 

なかなか普段見ない光景なんで、テンションが上がりましたね。

 

島って感じがします。

 

島といえば、やっぱり海ですよね。

 

ここにも泳げる綺麗な海がありました。

貸切状態の海貸切状態の海

 

行った時間が遅めということもあって、ほとんど人がおらず、ほぼ貸切状態でした。

 

少し肌寒かったものの、まあ大丈夫やろーと思って入ったところ、やっぱり肌寒かったです。

 

ランゲランへのアクセス

さて、ランゲランへの行き方です。

 

ランゲランは島なのでフェリーで行くのか?とお思いかもしれませんが、実はフュン島から橋でつながってます。

 

なので、バスで行けます。

 

フュン島とランゲラン島の間には「トーシンエ島」という別の島があるんですが、そこも橋でつながっていて、通ることができます。

 

泊まった宿

僕はよくAirbnbを使って民泊をするんですが、ランゲランでも同様にAirbnbを使いました。

 

泊まったお宿は、「Rudkøbing(ルーケベング)」という、この島のメインの街にあります。

 

*泊まった宿(Airbnb):Romantic and cozy 17th century house, Rudkøbing

 

Airbnbの宿の名前に「Romantic and cozy」と書いてあったんで、昔からある古めのお家なんかな?とは思っていたんですが、いざ行ってみると、なんとこの街で一番古い家でした。

 

びっくりしたんですが、400年前に建てられた家だそうです。

 

大昔に建てられた家だけど、もちろんリノベーションはしてるから、ボロボロで汚い!というわけではなく、むしろすごく可愛らしくてまさに「Romantic and coxy」な家でした。

花が綺麗な玄関(ランゲランの宿)花が綺麗な玄関(ランゲランの宿)

 

古いけど中は綺麗(ランゲランの宿)古いけど中は綺麗(ランゲランの宿)

 

レトロな可愛いキャビネット(ランゲランの宿)レトロな可愛いキャビネット(ランゲランの宿)

 

ちなみに、この家は一軒家で、お家を丸ごと貸切でした。

 

民泊は、一部屋だけ借りるパターンも多いんですが、やっぱり丸ごと借りれると気を遣う必要がないのでゆっくりくつろげますね。

 

立地もすごく良くて、街のほぼ中心に位置していて、スーパーやレストランにもすぐ行けます。

 

可愛いし、ゆっくりできるし、立地も良い。

 

めっちゃ良い宿なんですが、1点だけ注意点が。

 

この家、窓や床が傾いてます。

 

僕はそんなに気にならなかったんですが、苦手な人はいるかもです。

 

家の中は歪みまくり(ランゲランの宿)家の中は歪みまくり(ランゲランの宿)

 

これをクリアできる人であれば、めちゃくちゃおすすめのお宿ですよ。

 

まとめ

アーティストが集まる島、ランゲラン。

 

いかがでしたでしょうか?

 

自然豊かで、芸術に触れることができる素敵な場所でした。

 

島だけど橋のおかげでアクセスもしやすいので、よかったら是非行ってみてくださいね。

 

それではこの辺で。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
にほんブログ村

 

[ad#co-1]

Booking.com