ポストカード、はじめました。

〈デンマーク旅〉ランゲランの南に向かう前に

ランゲランの南に向かう前に

[ad#co-1]

 

こんばんは。

 

デンマーク国内旅、ランゲラン(フュン島の近くにある島)2日目。

 

今日は「島の南半分に行こう!」と思い、自転車をレンタル。

 

電話して宿まで持ってきてもらうことに。

 

待つこと1時間、レンタサイクル屋さんがナイスな自転車を持ってきてくれました。

 

で、毎回そうなんですが、やっぱり自転車はデンマーク人用なんでサドルの位置が高い。

 

ということで、お店の人の調整してもらい、無事ええ感じの高さに。

 

サドルを調整してもらいながら店のお兄ちゃんと、「どこから来たの?」とか「ここにどれくらいいるの?」とか、世間話をしてたところ、

 

「ビール一杯おごるよ!」って言ってくれて、真昼間から一緒にお酒を飲むことになりました。

 

めっちゃフランクなお兄ちゃんで、気づいたら1時間半近く一緒に喋ってました。

 

いや〜、こういう出会いが旅の醍醐味ですね。

 

彼はデンマーク人とイギリス人のハーフで、23歳。

 

こっちの年齢を聞かれたので、「30歳やで」って言ったら、彼は超びっくりしてました。

 

同い年ぐらいやと思ってたらしいです。

 

ほんと日本人って若く見られるんですよね。

 

それに加えて、僕は割と日本人にも若く見られることが多いんで、余計もっとヤングやと思ってたのでしょう。

 

でも、若く見えたからこそフレンドリーに話してくれて誘ってくれたのかもしれないと思うと、ベビーフェイスも悪くないかもですね。

 

話は弾んで、「俺の家にもまた来いよ!」って言ってくれて、Facebookでも友達に。

 

ええ友達ができました。

 

正直、全部の英語を聞き取れたわけではなく、というか途中何言ってるかわからんとこもあったけど、こういうのは気持ちが大事やなって思います。

 

「お前と話せて嬉しいぜ!もっと話したいぜ!」っていう気持ちを顔で全力で出してました。

 

あ、そうそう、一応こっちがデンマーク語を勉強してることを伝えたんですが、会話は全部英語でしてくれたんです。

 

でもデンマーク語でちょっと話すと、「おー!デンマーク語話せるのかい、メーン!」みたいな感じで、笑顔になってくれてました。

 

デンマーク語で少し話すと、デンマークの人たちはかなりびっくりしてくれます。

 

それだけデンマーク語を話す外国人が珍しいんでしょうね。

 

日本語を話す外人さんを見る日本人と感覚が似てそうです。

 

デンマーク語を使って話すと、やっぱり心をちょっと大きく開いてくれてる感があります。

 

その度、現地の言葉を学ぶことの大切さや楽しさを実感。

 

もちろんまだちょっとした会話しかできないけど、でもこういう体験をすると嬉しいですよね。

 

もうちょっとデンマーク語の勉強、頑張ります。

 

とにかく、そんないい出会いのあった今日だったのでした。

 

それではまた。

 

[ad#co-1]