ポストカード、はじめました。

【デンマーク】要塞の跡が残る島、「クリスチャンスー」と「フレデリクスー」。

【デンマーク】要塞が残る島、「クリスチャンスー」と「フレデリクスー」。

これまでデンマークにある島をいくつかご紹介してきました。

どこもホントに魅力的な場所で是非行ってみて欲しいのですが、今回ご紹介する島もめちゃくちゃオススメ。

その島の名前は、Christiansø(クリスチャンスー)Frederiksø(フレデリクスー)

日本人にはあまり知られていないこの2つの島の特徴や行き方についてお話していきます。

Christiansø(クリスチャンスー)とFrederiksø(フレデリクスー)

デンマーク最東端の島

デンマーク最東端の島、「クリスチャンスー」と「フレデリクスー」デンマーク最東端の島、「クリスチャンスー」と「フレデリクスー」

Christiansø(クリスチャンスー)とFrederiksø(フレデリクスー)は、デンマークで一番東にある島

場所はここです。

首都コペンハーゲンがあるシェラン島からかなり離れています。

どちらかというとスウェーデン本土の方が近いぐらいの距離。

でも、デンマークの領土です。

 

島の面積は、クリスチャンスーが約0.22㎢(東京ドーム約5個)、フレデリクスーが約0.04㎢(東京ドーム1個以下)と、かなり小さいです。

 

2つの島は橋で繋がっていて、歩いて行き来することができます。

2つの島をつなぐ橋2つの島をつなぐ橋

 

ちなみに、この2つの島の近くにはデンマークで一番人気の島、「Bornholm(ボーンホルム)」があります。

そこからフェリーが出ているフェリーに乗って、2つの島へ行けるようになっています。

(行き方の詳細は後ほど)




1684年に作られた要塞が残存

1684年、クリスチャンスーで要塞の建設が始まりました。

当時、強大な力を持っていたスウェーデンの脅威を始め、南バルト海の治安維持が課題だったようで、当時の王様クリスチャン5世によってこの要塞が作られたそうです。

岩だらけだった島に送られた288人のノルウェー人が、オランダ人技師の指導の元で建設作業を行ったんだとか。

 

要塞に兵士として来た人たちは家族を持ち始め、ここに定住するようになります。

兵士の子供はまた兵士になることが多かったようですが、給料が少なくて、その額はコペンハーゲンの兵士の3分の1ほど。

そんな給料じゃ満足な生活が送れないから、副業として漁業をしていたそうです。

それが今に繋がっていて、漁業がクリスチャンスーの産業の中心となっていったみたいですよ。

 

また、18世紀後半になると、要塞は牢獄としても使われていたようです。

本土から遠く離れた場所ですし、流刑地として打ってつけだったんでしょうね。

 

クリスチャンスーはそのあと役割を失って、要塞は1855年に閉鎖されました。

 

そんな要塞の要塞の面影が、今もクリスチャンスーとフレデリクスーに残されています。

島のあちらこちらに置いてある大砲島のあちらこちらに置いてある大砲

 

クリスチャンスゥーの要塞跡クリスチャンスーの要塞跡

まるでテーマパークにいるような気分になります。

 

大小のタワー

クリスチャンスーとフレデリクスーには、大小2つのタワーがあり、観光スポットになっています。

 

大きなタワーはクリスチャンスーに。

中は展示スペースになっていて、僕が行ったときは、このエリアに生息する鳥をテーマにしたエキシビジョンが開催されていました。

展示も良かったんですが、ここからの眺めもまた素晴らしかったです。

クリスチャンスーの小さな街並みや、隣島のフレデリクスーが一望できます。

クリスチャンスーにある大タワーからの眺めクリスチャンスーにある大タワーからの眺め
フレデリクスーの風景もフレデリクスーの風景も

 

小さなタワーはフレデリクスーに建っています。

丸いフォルムが可愛らしい建物です。

フレデリクスーの小タワー。フォルムが可愛い。フレデリクスーの小タワー。フォルムが可愛い。

この小タワーの中は、当時の要塞について知ることができるミュージアムになっています。

当時の要塞を表現した模型当時の要塞を表現した模型
要塞が機能していたときを再現している展示要塞が機能していたときを再現している展示

 

大小2つのタワーには、1つのチケットで入ることができます。

料金は、大人ひとり40DKK(約650円)

 

チケットの購入場所は、下のとおりです。

  • フェリーの中
  • クリスチャンスーのインフォメーションセンター
  • クリスチャンスーのキオスク

 

クリスチャンスーのメイン通りが可愛い

クリスチャンスーとフレデリクスーには、約80人の住民が暮らしています。

要塞の跡が残るこの島で、今も人の生活が営まれているようです。

 

そんな住人の方が暮らすメイン通りがクリスチャンスーにあるんですが、この通りがめっちゃ可愛くて。

こんな感じです。

クリスチャンスーのメイン通り。黄色の建物がズラッと並ぶ景色は歩くだけで心踊る。クリスチャンスーのメイン通り。黄色の建物がズラッと並ぶ景色は歩くだけで心踊る。

凹凸のある黄色の建物が独特で、島全体の要塞のイメージとはまた違った雰囲気でした。

可愛くて歩くだけでテンション上がります。




行き方

クリスチャンスーへは、ボーンホルム島からフェリーで行きます。

ボーンホルム島の「Gudhjem」という街からクリスチャンスー行きのフェリーが出ていました。

ボーンホルム島の街、「Gudhjem」。ボーンホルム島の街、「Gudhjem」。

 

ボーンホルム島からクリスチャンスーまでの乗船時間は約1時間。

あっという間に到着します。

 

料金は、シーズンによって少し違うのですが、1番のシーズンである7・8月は、大人ひとり往復250DKK(約4,100円)。

 

フェリーチケットは、Christiansøfartenのページから予約可能です。

 

所要時間

どちらの島もめっちゃ小さいんで、半日もあれば十分に楽しめます。

僕は4時間滞在しましたが、どちらの島もゆっくり一周回ることができました。

 

島の中のお店

フレデリクスーには、フェリー発着場近くにカフェレストランがありました。

また、すぐ近くにキオスクもあって、お菓子や飲み物を買うことができます。

カフェレストランやキオスクがありますカフェレストランやキオスクがあります

あと、クリスチャンスーのメイン通りには小さい雑貨屋さんもあったので、良いお土産が見つかるかもですよ。

 

まとめ

今回は、デンマーク最東端の島、クリスチャンスーとフレデリクスーをご紹介しました。

ボーンホルム島もめっちゃ魅力的ですが、要塞の跡が残るクリスチャンスーとフレデリクスーはまた別物で、独特の雰囲気が漂っています。

個人的には、ボーンホルムへ行くならこの2つの島も必ず行ってほしいな〜と思っちゃうほどオススメの島。

小さい島で数時間されば満喫できるので、ぜひ行ってみてください。

ボーンホルム島 - 「バルト海の宝石」
【ボーンホルム島】「バルト海の宝石」の観光スポットや行き方をまとめましたこんにちは。 以前から気になっていたボーンホルム島に行ってきました。 ここはデンマークで一番人気の島。 いやー、めちゃ...