ポストカード、はじめました。
デンマーク生活

平べったいラインの上を歩く休日

平べったいラインの上を歩く休日
平べったいラインの上を歩く休日

 

今日は、平べったいラインの上を歩いて過ごしました。

 

 

こんばんは。

 

 

今日は土曜日なんで、フォルケホイスコーレはお休み。

 

 

お休みなんですが、寮生活なんで、何も予定がなかったら休日も学校で過ごします。

 

 

そんな僕たち生徒のために、先生たちは休日にもちょっとしたイベントを企画してくれます。(ホント感謝。)

 

 

こちらデンマークにも、ようやく春が訪れて暖かくなってきたので、屋外でするアクティビティを考えてくれました。

 

 

日中はビーチバレーやフリスビーといったちょっとしたスポーツをして過ごしたり、外でみんなでコーヒーを飲んでゆっくりしたり。

 

 

夜は焚き火にあたりながら、焼きマシュマロを作ってみんなで食べました。

 

 

今日はホント、「ええ休日」というやつです。

 

 

日中のちょっとしたスポーツの中に、人生初挑戦のものがありました。

 

 

それが、上で書いた「平べったいライン」の正体、スラックライン(slackline)です。

 

 

スラックラインは、下の写真のように、木と木の間に専用の平べったいラインを張って、その上を歩いたり飛び跳ねたりするスポーツです。

 

平べったいラインの上を歩く休日

 

公園で見たことがある方も多いんじゃないでしょうか?

 

 

見るたびに気になっていたのですが、今日ついに初めてチャレンジ!

 

 

正直、もっと簡単に歩けるんかな〜と思っていたんですが、ところがどっこい、難しかった・・・

 

 

結局、今日はまともに歩くことはできませんでした。

 

 

が、最初に比べると、最後の方はちょっとバランスが取れるようになって、少しだけ上達できました。

 

 

もっと練習したいな〜。

 

 

なんでもそうなんですけど、初めてやることって、なんで一回でできひんのやろ?って思います。

 

 

今日のスラックラインも、頭の中では自分が歩くイメージができてるのに、実際は歩けないんですよね。

 

 

でも、回数をこなしていく中で、「さっきは左側に倒れちゃったから、次はもうちょっと重心を右に置いてみよ」とか「足の向きをこっちにしたら、バランス取れるな」とか、失敗を重ねながら、ちょっとずつ自分の中に情報を蓄えていって、自分にあったバランスの取り方・歩き方を導き出していき、上達していきました。

 

 

この原理は、ほとんど全部のことに当てはまるんやろうなと、思いました。

 

 

人は、失敗を重ねていくしかないんでしょうね。

 

 

言語習得もそうなんかな。

 

 

ホント、英語もデンマーク語も、なかなか喋れるようになれなくて(今もそうですが)悩んでました。

 

 

それはなんか、「間違ったこと言ったらあかん」、みたいな気持ちがちょっとあって、つまり「失敗したらあかん」と思って、喋る回数が少なくなってたのが原因の一つなんやろうと思います。

 

 

なんで「失敗したらあかん」って思ってしまうのかは、ちょっとわかんないんですが・・・

 

 

でも間違って指摘してもらった方が記憶に残るし、絶対喋って「失敗」した方がいいんですよね。

 

 

スラックラインで、平べったいラインの上から落ちるときは、毎回毎回それを「失敗」とは思ってなくて、なんか「まあ落ちて当然やろ、今は」みたいな感覚。

 

 

そんな感じで、他のことも、もっと気楽に「失敗」していった方がいいんかな?

 

 

と、思います。

 

 

ので、今日からのテーマは、「気楽に失敗しよう」に決定です。

 

 

今日もありがとうございました。

 

 

P.S.

 

 

焚き火、好きです。服に匂い付きまくるけれども。

 

 

平べったいラインの上を歩く休日

 

[ad#co-1]