ポストカード、はじめました。
デンマーク生活

デンマークで初めて映画館へ

デンマークで初めての映画館

 

今日は、デンマークに来て初めて映画館へ。

 

 

「ゴッホ 最期の手紙」を見ました。

 

 

ゴッホの死の謎を、最初から最後まで油絵風のアニメーションで作られた珍しい作品。

 

 

たぶん、良い映画だと思うんですが、

 

 

音声が英語、字幕がデンマーク語になっていて、

 

 

僕の語学レベルではなかなか理解できず・・・

 

 

ちょこちょこ聞き取れるところはあるものの、大事なところはフワッとしかわからへんし、

 

 

もう途中から、右手に持っていたポップコーンを食べることに集中してしまいました。

 

 

ん〜、悔しい。

 

 

ゴッホ、ごめんよ。

 

 

でも、なんで映画館で食べるポップコーンはあんなに美味しいんやろ・・・。

 

 

というわけで、ポップコーンの美味しさを再認識できたけど、映画の内容はちゃんと理解できず。

 

 

でも、その代わりと言ってはなんですが、実は、映画館そのものが意外性抜群な感じで、今日の収穫になりました。

 

 

まず、立地。

 

 

地図を見て映画館を目指したんですが、歩けば歩くほど、

 

 

「ホンマにこんなとこにあるんかいな??」って思うぐらい、

 

 

どんどん建物がなくなっていって、森林だらけになっていきました。

 

 

でも、GoogleMapさんが教えてくれたところに行くと、建物が現れました。

 

 

これがその建物。

 

デンマークで初めての映画館

 

建物はシンプルですっきりしたデザイン。

 

 

でも、この時点ではまだこれが映画館なのか、疑ってました。

 

 

なんせ、この建物の目の前が、こんな感じなんです。

デンマークで初めての映画館

 

いや、すっごい自然。

 

 

これホンマに映画館なのか?!

 

 

と思いながらも、中へ入って、店員さんらしき人に聞いてみると、ちゃんと映画館でした。

 

 

ちなみに中はこんな様子。

デンマークで初めての映画館

 

デンマークで初めての映画館

 

ポスターとか貼ってあるから、なんとなく映画観れそうな雰囲気はあるんですが、でもなんか日本の映画館とは違う・・・

 

 

なんと実はここ、学校と映画館が一緒になった映画館だったんです。

 

 

ここも、僕がいま通っているのと同じ種類の学校(フォルケホイスコーレ)で、

 

 

「EUROPEAN FILM COLLEGE」という名前だそうです。

 

 

その名のとおり、映画のことを学べるフォルケホイスコーレのようです。

 

 

学校と映画館が一緒になってるなんて、ちょっとびっくり。

 

 

びっくりはしたけど、すごくアイデアとしては面白いなあと思いました。

 

 

たぶん、生徒が作った映画をこの映画館で流したり、実際の映画の機材を使って勉強できるんでしょうね。

 

 

一般上映しない「遊び」の時間は、生徒に使わせて有効活用できそうです。

 

 

これも今の時代に合った「シェアリング」になるんでしょうか?

 

 

デンマークで初めて行った映画館がこんな形だったので驚きものの木20世紀でしたが、

 

 

こんなシェアの形もあるんやなって、勉強になりました。

 

 

ゴッホの映画も誰かとシェアできるように、もう一回観てみたいなと思います。

 

 

待っててね、ゴッホ。

 

[ad#co-1]