ポストカード、はじめました。
スウェーデン

ストックホルムの気になる雑貨屋さん

今日は、めちゃめちゃ気になってた雑貨屋さんに行ったものの、店員さんがランチに行ってて中に入ることができませんでした・・・

こんにちは。

ストックホルム最終日の今日は、まず午前中に、「森の墓地」へ。

森の墓地は、かの有名な建築家グンナール・アスプルンドさんと、シーグルド・レヴェレンツさんが設計した、世界遺産のお墓。

アスプルンドさんは、「北欧モダンの父」とか言われてるすごい人です。

ストックホルムの中心地から電車で15分ほどの場所にあるんですが、なんと10万ものお墓があるぐらい、巨大なお墓です。

10万と聞くと、「ぎゅうぎゅう詰めなんじゃない?」って思われれかもしれないですが、それがそんなことはなく、むしろ日本で見るお墓よりも、隣同士の間隔が広いし、余裕をたくさん持ってる感じ。

敷地が超広いんです。

お墓にいるのに、「清々しい」って感じたのは初めての経験でした。

森の墓地のあとは、雑貨屋さんを巡ってお土産探しの時間に。

その雑貨屋さんの中に、始めに書いた、「店員さんがランチタイムやったから入れへんかった雑貨屋さん」が。

お店の名は、「manos」。

場所は、セーデルマルムにあるslussen駅から徒歩15分ぐらいの場所。

詳しくはお店のHPをご参照ください。

manosHP

このHPやお店のインスタグラムを見てもらえればわかると思うんですが、オーナーさんの素晴らしい感性で選ばれたアイテムが、どれもこれも素敵。

今日は元々ここに行く予定はなかったんですが、ネットでこのお店を知って、どうしても行きたい!と思い、予定を変更してまで向かったのです。

が、お店は電気が点いて開店してる雰囲気やのに、鍵がかかっている!

なんてことだ・・・

でも、これはたぶん、店員さんがお昼ご飯を食べに行ってて、ちょっと留守にしてるだけっぽいな・・・

と思い、目の前にあるカフェで待機してみることに。

でも僕には時間がなくて、待てるのは20分だけ。

どうしても入りたいし、ギリギリまで粘ってみる僕。

でも、無情にもタイムリミットが・・・

仕方なく、諦めて移動しようとカフェを出て歩き出したとき、店員さんが走って帰宅(帰店?)してる姿を発見!

でも本当に時間がなかったため、悔しいけど店員さんの走るフォームだけ確認して、その場をあとにしました・・・

ちなみに走るフォームはそんなに綺麗じゃなかったです。

まあこれは、ストックホルムさんが、「あなた、またこの街に来なさい!」って言ってるんだ、ということにしておきます。

最近は、こんな感じのことが起きたとき、今がそのタイミングじゃなかったんやって思うようにしてます。

きっとそうだ。

というわけで、またリベンジしにきます、ストックホルムに。

こんな文章を書いてる僕は今、ストックホルムにあるアーランダ空港にいます。

これからコペンハーゲンに戻って、また明日、コペンハーゲン観光へ。

今日はしっかり寝て明日に備えます。

それではまた!