Twitterでもチョコチョコつぶやいてます
デンマークについて知る

デンマークは税金が高い。気になる税率をいくつかピックアップ

Photo by Allef Vinicius on Unsplash

デンマークは税金が高いことで有名ですが、ご存知でしょうか?

デンマークで暮らし始めてから、税率の高さを実際に目の当たりにしています。

今日はそんなデンマークの税金について、いくつかピックアップしたいと思います。

消費税

まずは消費税です。

デンマークの消費税は、驚きの25%

めちゃくちゃ高いです。

1万円の物を買うと、日本の今の消費税なら10,800円ですが、デンマークだと12,500円になっちゃうということですね。

所得税

稼いだお金に対してかかる所得税はどうでしょうか。

日本は累進課税で、5〜45%の税率です。

それに比べてデンマークは、52.02%

これも日本より高いです。

稼ぎの半分を税金で取られるわけですね・・・。

自動車税

デンマークの自動車税は150%

自動車本体よりも高い金額を税金として払う必要があることになります・・・。

でも、この150%というのも、実は最近引き下げられて、150%になったんです。

ついこの間までは、なんと180%

びっくりですね。

そうなると、車を買うときにかなりお金がかかりそうですが、その高い税金に合わせて自動車本体は安く売っているそう。

デンマーク大使館のFBに、下のようなことが書かれていました。

例えば、販売台数2位のプジョー208の5ドアは最も安いモデルで日本での販売価格は199万円ですが、デンマークでは13万クローネで約225万円(税込み)。それほど差がありません。日本への輸入は輸送費がかかることを考慮しても、デンマークでは高い税金にかかわらず価格が抑えられていると言えます。(Facebook デンマーク大使館 – 投稿より引用)

なので、税金から感じるほどのインパクトは価格に反映されていないようです。

税金が高い分、いろんなものが無料に

そんな税金が高い国デンマークですが、その分、いろんなものが無料になっています。

医療費はタダだし、教育費も大学まで無料なんです。

だからデンマーク国民は納得して税金を納めているんですね。

あと、政治に対する信頼感も日本とは違うようです。

地方議員なんかは、みんな普段自分の仕事を持っていて、議員活動はボランティア。

お金のためではなく、国・国民のために取り組んでいることがうかがえます。

日本では頻繁に政治家の悪いニュースが出てきて、正直そこまでの信頼感はないと感じます・・・。

が、デンマークはそんな形で、国民からの信頼が厚い状況になっているんですよね。

まとめ

今回はデンマークの税金を少しご紹介しました。

高い税率の裏には、きちんとした信頼関係が基盤としてあるんですね。

デンマークと全く一緒にすることは難しいかと思いますが、日本はこういう国から学べることが多いような気がします。

<参考>

Booking.com