Twitterでもチョコチョコつぶやいてます
デンマーク生活

デンマークの主な産業はこの4つ!世界トップの分野もあります。

デンマークの主な産業

デンマークの主な産業をご存知でしょうか?

僕がいま住んでいるデンマークは、まだまだ日本の人にあまり知られていません。

先日、日本から来られた方とお話をしたのですが、その方にも、「デンマークの主要産業って何?」と聞かれました。

というわけで、今回はデンマークの産業についてまとめます。

 

デンマークの主な産業

農業

デンマークは農業が主要産業デンマークは農業が主要産業

まずは農業です。

デンマーク全体の輸出の20%以上を農業が占めており、世界から高い評価を得ています。

デンマークの農作物は日本にも輸出されていて、豚肉と乳製品がメイン。

皆さんも口にしたことがあるかもしれませんね。

デンマークでは、国土の60%以上が農業向けに使われています。

農家1件あたりの農地は60ヘクタール

日本は2.5ヘクタールなので、日本の24倍です。

その広大な面積を使って作られる農作物は、国内で消費される量の約3倍

でも、農業就労人口が全労働人口のわずか6%だそう。

元々は農家がすごく多かったんですが、機械の普及や工業に従事する人の増加によって、1950年代あたりから、農家あたりの農地面積は大きくなりながら、個人農家はどんどん減っていきました。

1970年代から1990年代にかけて、毎年2,600もの個人持ち農地がなくなり、大きな農場へと吸収されていったのです。

20世紀の前半は、20万件の個人農家がおり、1農家平均16ヘクタールでした。

それが、1997年になると、農家の数は60,900件、1農家の平均農地は43.6ヘクタールに変化しています。

農地の91%は個人所有、7%は会社所有、残りは国が所有してそうです。

あと、デンマークはクリスマスツリーの生産が盛んです。

国内に3500もの栽培者がいて、年間1200万本のクリスマスツリーが生産されています。

ヨーロッパ内の主要なサプライヤーとして活躍しています。

観光

ディズニーランドのモデルになったチボリ公園ディズニーランドのモデルになったチボリ公園

観光業もデンマークの大きな産業。

125億ドルもの収入を、この観光業から得ています。

メインはやはり首都のコペンハーゲン

世界三大がっかり」と言われる人魚姫の像、ディズニーランドのモデルになったとされるチボリ公園王宮などなど、コペンハーゲンには見所がたくさんあります。

僕はデンマーク国内をあちこち旅しているんですが、コペンハーゲン以外にも本当に素敵な場所が多いです。

日本では見れない西洋のお城、自然が美しい島、カラフルな可愛い街並みなど、日本にはあまり知られていないのが勿体無いと思うぐらい、素敵な場所ばかりでした。

そんなものをたくさん見てきたので、主要産業になるのも納得です。

日本からの観光客はまだまだ多くないと思いますが、ぜひ一度来てみて欲しいです。

このブログでもおすすめの場所をいくつかご紹介しているので、ご参考にしていただけると嬉しいです。

デンマークのお城のまとめ:デンマークでおすすめのお城をまとめました

エネルギー

デンマークの海に立っている風力タービンデンマークの海に立っている風力タービン

エネルギーもデンマークを代表する産業です。

この国にはいろんな種類のエネルギー資源があります。

特に有名なのが、再生可能エネルギー

バイオマス、太陽光、風力などなど。

僕の中では、デンマーク=風力発電というイメージがあるくらい、デンマーク国内のあちこちで風力タービンを見かけます。

そのイメージは間違ってなくて、実際、デンマークの風力発電量は欧州でトップ。

風力発電の導入比率は欧州でトップ。

(*ご指摘をいただき、修正致しました。2018/08/14)

2017年には、消費電力の約43%が風力発電で賄われました。

風力発電の導入量(設備容量、風車台数、年間発電量)では、ドイツやスペインなど、デンマークよりも大きな国の方が多いものの、年間の消費電力に占める風力発電の比率ではデンマークが世界でダントツ1位だそうです。

今は世界中で洋上風力発電(海の上で発電)が流行っているらしいのですが、その洋上風力発電はデンマークが世界で最初に始めたみたいですよ。

先日Samsøというデンマークの島に行ってきたんですが、その島の消費電力は全て自分たちで作っているんだとか。

デンマークは風力発電の先進国のようです。

運輸

運輸にも力を入れているデンマーク運輸にも力を入れているデンマーク

デンマークは運輸の分野に大きく投資しています。

高速道路や鉄道にお金を使い、輸送ネットワークを整備されてきました。

また、国内には3つの主要な空港があります。

コペンハーゲン空港、ビルン空港、オールボー空港です。

その3つの空港を合わせると、年間3000万人以上もの人が乗客として利用。

その他の空港も、国内国外への重要な移動手段として機能しています。

 

デンマーク経済の大きさ

デンマークのお金デンマークのお金

さて、ここまでデンマークの主要な産業について話してきましたが、デンマーク全体の経済の大きさは、世界の中でどのくらいの位置なのでしょうか。

2017年の名目GDPランキングを見ると、デンマークは世界で36位です。

一人あたりの名目GDPランキングだと、なんと世界10位

それなのに、デンマーク人は労働時間が短いことで有名です。

デンマーク人に聞いたら、やっぱり17時ぐらいには仕事を切り上げて、あとは家族や友達と過ごすと言っていました。

生産性の高さがうかがえますね。

ちなみに日本は、名目GDPランキングが3位、一人あたりの名目GDPランキングが25位でした。

まとめ

「デンマークのことについて知ろう!」シリーズとして、今回は産業のことを書きました。

あまり知らなかった情報もあり、また一つ勉強になりました。

デンマークの産業を全体的に見て思うことは、農業といい、エネルギーといい、デンマークは自然を愛していてる国なんだなということ。

特に風力発電の導入比率には驚きました。

またこの記事をきっかけに、少しでもデンマークに興味を持ってもらえたら嬉しいです。

<参考>

Booking.com