ポストカード、はじめました。
デンマーク以外の旅行、観光

イタリアにいた、おっちゃん

イタリアにいた、おっちゃん

 

イタリアにいた、おっちゃん

 

昨日、イタリア旅が終わりました。

 

 

ホッとした気持ちと、もう終わってもたー!という気持ちがマーブル状態です。

 

 

今日からまた普段の学校生活が始まったわけですが、今日はイタリア旅で感じたことを書こうと思います。

 

 

イタリアは、数年前から行きたかったところ。

 

 

本やインターネット上にある写真・文章を通してイタリアのことを知って、「こんな感じの場所なんだろう」という感覚は持ち合わせていて。

 

 

それをある意味、「自分で確認しに行く」ような作業でした。

 

 

今回行った場所は、ベネチア、フィレンツェ、ローマの3都市。

 

 

どこも、「自分の持っていたイメージや雰囲気」とは違っていました。

 

 

やっぱり、「自分で感じる」ことでしか、自分の中には入ってこないんだろうなと思います。

 

 

イタリア、濃かった

 

 

街も、人も、濃厚で強烈な印象でした。

 

 

ヴェニスは「完璧」に「水の都」でした。

 

ベネチア

 

 

美しかった。

 

 

街中に張り巡らせれた、水路と路地。

 

 

リアル迷路です。

 

 

人が持っている冒険心を、最大限に引き出す雰囲気があります。

 

 

カラフルな建物と、少し緑がかったような色の水路の水。

 

 

それに差し込む光と、細い路地にたくさんの建物があるからこそできる、たくさんの影がプラスされて、その雰囲気ができていました。

 

 

 

 

 

フィレンツェは、とにかく大きい。

 

 

 

建物が強烈で大きく、その「強烈で大きい」建物を構成する「石」の一つひとつも、大きいんです。

 

 

 

「エネルギー」も、3都市のなかで一番大きく感じました。

 

 

人が若くて、元気げんき。

 

 

 

 

ローマは、確かにたくさんの有名な遺跡や歴史的建造物があるものの、先に行ったベネチアとフィレンツェの「濃さ」が濃過ぎて、実は街としては、一番「薄い」というのが、感じた印象です。

 

 

 

それは本当に意外でした。

 

 

なんか、3都市の中では、一番「ちゃんとしてる」って感じ。

 

 

ベネチアとフィレンツェは、もうそれぞれ自分たちの色を出しまくっているんですが、ローマはやっぱり首都だからか、なんか「ちゃんとしてる」感じがありました。

 

 

 

 

そんなこんなで、街をたっくさん歩いて、イタリアの強烈な雰囲気を感じれたのですが、実はこの旅で「一番何が印象に残っているか?」と聞かれると、それは、歴史的な建物でも綺麗な景色でもないんです。

 

 

それは、フィレンツェで出会ったおっちゃん、なんです。

 

 

フィレンツェを歩きまわっているときに、たまたま見つけた、小さなレストランのおっちゃんです。

 

 

おっちゃんが一人で切り盛りしていて、お客さんはMAXで10人ぐらいしか入れないぐらいの大きさ。

 

 

お店には音楽も流れていなくて。

 

 

聞こえるのは、お客さんとおっちゃんの会話の声。

 

 

おっちゃんは、すごく人懐っこくて、お客さんにどんどん話しかけるのです。

 

 

中には「お店の人に話しかけて欲しくない」って人もいると思うんですが、このおっちゃんと話しているお客さんたちは、みんな本当に楽しそうに会話してました。

 

 

もう、溢れ出ている、その「人懐っこさ」と「温かさ」に、みんな心を許してしまうのです。

 

 

僕たちも、おっちゃんの虜になりました。

 

 

メロメロです。

 

 

絶対にまた来て、おっちゃんに会いたいって思いました。

 

 

実は、数日前のブログにも書きましたが、フィレンツェの第一印象は、その豊富なエネルギーのせいからか、「ゴミゴミして、ちょっとしんどい」でした。

 

 

でも、おっちゃんのおかげで、間違いなくおっちゃんのおかげで、フィレンツェは「また来たい街」になったのです。

 

 

結局、僕たちが求めるものは、「人とのつながり」なんだなって思いました。

 

 

先日、ある方に、

 

 

「旅に求めるものは?」

 

 

って聞かれたのですが、

 

 

僕は、

 

 

「その土地でしかできない経験をすること」と回答。

 

 

その方に同じ質問をしたところ、

 

 

誰と、何をするか」という答えが返ってきました。

 

 

その人は深い意味を込めてなかったかもしれないですが、それが大きな答えなのかもしれないです。

 

 

間違いなく、あのおっちゃんと、また会話してお酒を飲みたいもん。

 

 

今回の旅では、もちろんイタリアを歩いてあるいてアルイテ、たくさんのワクワクをゲットできたけど、

 

 

「人とのつながり」が結局いちばん自分の中に残るんやなってことを気づけたのが、大きな収穫でした。

 

 

これからもどんどん旅をして、素敵なつながりを見つけれたら最高だなと、思うので、旅を続けようと思います。

 

 

それでは、また明日です。

 

[ad#co-1]