Twitterでもチョコチョコつぶやいてます
デンマークの旅行、観光

デンマークは島だらけ。フュン島の南にある島、LyøとAvernakøへ。

Avernakø 2つの島の接続部分

今日は「Lyø」と「Avernakø」という2つの島に行ってきました。

 

いろいろあって滞在時間は短くなっちゃいましたが、どちらも自然豊かないい場所でした。

 

ということで、簡単にまとめたいと思います。

 

[ad#co-1]

 

LyøとAvernakø

Lyø、そしてAvernakøは、フュン島の南に浮かぶ小さな島です。

 

フュン島っていうのは、童話作家アンデルセンの生誕地として有名なオーデンセという街がある島です。

 

ちなみにオーデンセはデンマークで3番目に大きな街。

 

2つの島はそのフュン島の南に位置してます。

 

Lyøはここで

 

Avernakøはここ。

 

[ad#co-1]

 

行き方

2つの島へはFaaborgという街からフェリーで行きました。

フェリー乗り場

フェリー乗り場はここにあります。

 

Faaborgのメインのバス停「Faaborg Rtb」から徒歩5分以内にあって、アクセスしやすいです。

Faaborgのフェリー乗り場Faaborgのフェリー乗り場

 

チケットは港で購入

チケットは事前予約などはせず、Faaborgのフェリー乗り場にある券売機で買いました。

 

券売機はこんな感じです。

Faaborgのフェリー券売機Faaborgのフェリー券売機

 

「1日チケット」が売っていたのでそれを購入。(たぶんそれしかない?)

 

そのチケット1枚で、丸一日、LyøとAvernakøの両方に行き放題です。

 

フェリーのお値段

フェリーのお値段は、大人ひとり55DKK、自転車を持ち込む場合は1台15DKKプラス

 

この値段で2つの島に丸一日アクセスし放題なんで、リーズナブルですね。

 

フェリーの所要時間

2つの島にアクセスしてるこのフェリーの動き方は、こうです。

 

Faaborg → Lyø → Avernakø → Lyø → Faaborg

 

各所要時間は、下の通りでした。

  • Faaborg ↔︎ Lyø:40分
  • Lyø ↔︎ Avernakø:30分

 

フェリーの中

座席は、屋内に50〜60人分ほど、屋外にも50名弱が座れるベンチがありました。

Faaborgのフェリーの中フェリーの中

 

Faaborgのフェリー屋外席

 

屋外に座ったんですが、暖かい日差しと涼しい風がいいバランスで、すーっごく気持ちよかったです。

Faaborgのフェリーフェリーからの眺め

 

この季節(6月末)は絶好のフェリーシーズンかもしれません。

 

ちなみに、売店はないものの、ビールやジュースが買える自販機はありました。

 

[ad#co-1]

 

Avernakø

さて、フェリーに乗ってまず向かったのは、Avernakø

 

ちょっとしか見れませんでしたが、自転車で走るには最高の場所でした。

 

2つの島がひとつになった島

Avernakøは元々、「Avernak」と「Korshavn」という2つの独立した島だったそう。

 

それが1937年にくっついたらしいです。

 

2つの島がつながった部分は、車ひとつ分が通れるぐらいの細い道になってました。

 

端から端まで自転車で1時間ぐらい?

港のある島の一番西から反対側の東の端っこまでは、自転車をこいで1時間ぐらいで行ける距離でした。

 

少し坂道もありましたが、基本的には平坦で走りやすかったです。

 

所要時間は?

そんな小さな島ですが、途中に景色のいい場所や綺麗な海があるんで、3時間ぐらい欲しいなって感じでした。

 

今回は1時間半ほどの短い滞在やったんですが、今度はそれぐらいの時間をかけて回りたいですね。

 

景色が良い!

さて、この島で撮った写真をいくつかご紹介します。

Avernakøの道Avernakøの道

 

Avernakø 2つの島の接続部分Avernakø 2つの島の接続部分

 

Avernakøの海Avernakøの海

 

[ad#co-1]

 

Lyø

このデザインがこの島のトレードマーク?

この島にはこんな感じの、黒と青のラインを使ったデザインの家がいっぱいありました。

Lyø 家の模様Lyø 家の模様

 

昔から残ってそうな家やったんで、これがこの島のトレードマークなのかもしれません。

 

鹿やらウサギやら鳥やら

この島はワイルドレベルが高めで、野生の動物がめっちゃいました。

 

鹿がひょっこり道端に顔を出してたり、ウサギがピョンピョン跳ねまわってたり、いろんな種類鳥が鳴きまくってたり。

 

動物が好きな人には魅力的な島かもしれません。

 

鹿とかウサギを見ることがあんまりないんで、その可愛い姿を写真に収めたかったんですが、さすがに動きが素早くてダメでした。

 

唯一撮れたのがこれ。

Lyøのウサギ

 

見えますか?

 

道の真ん中を全力で走ってるのがウサギさんです。

 

そら知らん人間が来たらびっくりしますよね。

 

騒がしてごめんよ、動物たち。

 

島の様子

今回は島の半分も回れなかったんですが、撮った写真と共に、中の様子をご紹介。

教会

街の中心からすぐのところに小さな教会がありました。

Lyøの教会Lyøの教会

 

横にはお墓があるんですが、綺麗に整っていて清々しい気持ちになりました。

Lyøの教会Lyøの教会横のお墓

 

スーパー

たぶん街で唯一と思われるスーパーを発見。

LyøのスーパーLyøのスーパー

 

お菓子から日用品まで、いろいろ売ってました。

LyøのスーパーLyøのスーパー

 

で、ここ、スーパーとしての顔以外にも、「溜まり場」みたいな側面もあるっぽいです。

 

何人もの人がここで瓶ビールを買って、外で飲んでました。

 

買ってすぐ飲めるように、お店のドア横にはオープナーがぶら下げてあって、みんなこれを使ってました。

LyøのスーパーのドアにあったオープナーLyøのスーパーのドアにあったオープナー

 

カフェ

入らなかったですけど、カフェもありましたよ。

LyøのカフェLyøのカフェ

 

庭の広いゆったりしたカフェに見えました。

 

次行ったら入ってみたい。

 

[ad#co-1]

 

まとめ

今回はLyøとAvernakøという小さな島に行ってきました。

 

Faaborgからはもうひとつ「Bjørnø」へのフェリーも出ています。

 

どれも小さくて、何か特別なものがあるわけではないですが、のどかな雰囲気と広大な自然があります。

 

是非機会があれば行ってみてくださいね。

 

それでは、この辺で。

 

[ad#co-1]

Booking.com