Twitterでもチョコチョコつぶやいてます
デンマークの旅行、観光

デンマーク版SuicaのRejsekortがたまにおかしくなる?

デンマーク版SuicaのRejsekortがたまにおかしくなる?

こんばんは。

今日はRejsekortについて。

Rejsekortっていうのは、デンマークにあるSuicaみたいな物。

電車やバスを乗るときに使える、プリペイド式の乗車カードです。

このRejsekortを使った仕組み、ちょっと不思議なんです。

電車やバスに乗るとき、日本と同じようにデンマークでも普通に切符を買うことができます。

でも、このRejsekortを使うと割引が入って、切符を買うより断然お得になるんです。

スマートシティーを推進しているからか、そんな取り組みをしているんですよね。

割引されると知ったら、当然Rejsekortを使います。

僕もこっちに来て、住民登録が完了してから自分のRejsekortを作成。

頻繁に使ってます。

そんなRejsekort、たまにおかしな挙動をすることがわかりました。

割引が効かなくなるときがあるんです。

それが発覚したのが今日。

友達から、「Rejsekortの割引が急に効かなくなったんだけど、何か知ってる?」という質問があったんです。

今までそんなことはなかった、というか、正直そこまで意識してRejsekortで支払っている乗車賃をチェックしていない僕は、「聞いたことないな〜」と回答。

でも、「いや、待てよ」と、あることを思い出しました。

特に気に留めてなかったんですが、そういえば月曜日にRejsekortからメールが届いていたんです。

ちゃんと文を読んでいなかったものの、改めて読んでみると、こんなことが書いてありました。

あなたのカードに割引が適用されなかった日があったので連絡しました。

9月1日〜30日の間に、あなたは28.05krも多く支払っています。

そうなのか!

知らんかった・・・。

その払い過ぎたお金はどうなるんや?と思って読み進めていると、こう書かれていました。

払い過ぎた金額は次にチェックインしたときに自動的にカードに振込まれます。

ちゃんと返ってくるようです。

というわけで、僕と僕の友達と同じように、Rejsekortの割引が効いてないと思ったら、こういうこともあるってことを覚えておいてくださいね。

それでは、この辺で。

Booking.com