Twitterでもチョコチョコつぶやいてます
デンマーク生活

セーリングの世界大会で日本が優勝!470級って?セーリングって?

セーリングの世界大会で日本が優勝!470級って?セーリングって?

こんにちは。

今日はセーリングの世界大会を生で見ることができました!

セーリングのレースを見るのがそもそも初めてだったのですが、それがまさか世界大会になるとは・・・。

ワールドチャンピオンシップがデンマークで開催中

今、セーリングのワールドチャンピオンシップ(世界大会)がデンマークで開催中です。

場所は、デンマーク第二の都市オーフス

期間は、7/30-8/12まで。

僕は今、デンマークの、しかもオーフスの近くに住んでいるんですが、今日はご縁があって、なんとその大会を少し見ることができました。

日本の選手が優勝!

なんとそのワールドチャンピオンシップで、日本の選手が優勝しました!

優勝したのは、470級に出場した、吉田愛選手と吉岡美帆選手のペア。

この種目での日本人の優勝は、オリンピック、世界選手権を含めて、史上初だそうです。

優勝したのは今日ではなく昨日なので、残念ながらその瞬間を見ることはできませんでしたが、いやー、すごいですよね。

470級って何?

さて、セーリングのことをあまり知らない方は、

470級って何だ?」と思われたかと。

僕も思ったので、少し調べました。

調べたところ、

470級は、1963年にフランスのアンドレ・コルヌ(André Cornu)によってデザインされた2人乗りのレーシング・ディンギーです。(日本470協会公式ウェブサイト

とのこと。

ディンギーね・・・

ディンギーって?

またここで一つ疑問が。

「レーシング・ディンギーです。」

と言われても、ディンギーがわかりません!

ということでまたまた調べました。

ディンギーとは、

艇長が 5mぐらいまでの,マスト1本の船室をもたない小型ヨットの総称。(コトバンク

らしいです。

おー、これならイメージできますね。

つまりは小型ヨットなんですね。

これです。

ディンギー by BULKHEAD Magazineディンギー by BULKHEAD Magazine

 

で、470級って?

「ディンギー問題」が解決したので、改めて「470級問題」に戻ります。

先ほどの「470級の説明記事」を読み進めると、

470(ヨンナナマル)という名称は、艇体の全長が4.7mであることに由来したものです。(日本470協会公式ウェブサイト

と書いてありました。

なるほど。

つまり、470級は4.7mの小型ヨットを使った競技ということのようです。

そもそもセーリングってどんな競技?

470級について理解できたわけですが、「そもそもセーリングってどんな競技なの?」と思われたそこのあなた!

またまた僕が調べましたよ。

セーリングは

セール(帆)に受ける風の力で動く小型の船を使用したスポーツ(セーリング競技 特設サイト – 神奈川県ホームページ

です。

風の力で小型ヨットを操縦して競うレースなんですね。

文字を追うのが疲れたあなた!

あなたは下の動画を見てください。

すーっごくわかりやすくセーリングの基本ルールを説明してくれています。

[kad_youtube url=”https://www.youtube.com/watch?v=IElebegEnSk” width=800 height=800 maxwidth=800 ]

ちょっと興味が出たあなたへ朗報が。

どうですか?

少し興味が出てきたんじゃないでしょうか?

そんな方に朗報です。

なんと、今年9月に、セーリングのワールドカップが日本で開催されます!

世界大会が見れちゃいますよ

もしちょっとでも楽しそう!って思った人は行ってみてはいかがでしょうか?

大会概要は下の表をご覧くださいね。

大会名称 セーリングワールドカップ江ノ島大会
日時 2018年9月9〜16日
場所 江の島ヨットハーバー(神奈川県藤沢市江の島1−12−2)
参加国数 約50カ国(予定)
参加人数 約600人(予定)
公式ホームページ https://wcs-enoshima.jp/

 

Booking.com