Twitterでもチョコチョコつぶやいてます
日々の学校生活

Kaløはオープンハウスでした

Kaløはオープンハウスでした

こんばんは。

 

 

みなさんはこの週末、どのようにお過ごしでしょうか?

 

 

今日、僕たちのフォルケホイスコーレ(学校)、「Højskolen på Kalø」では、「Åbent hus(オープンハウス)」が開かれました。

 

 

オープンハウスっていうのは、学校にゲストを招いて、この学校のことを紹介するイベントです。

 

 

オープンキャンパスみたいなやつですね。

 

 

大学受験のころを思い出しました。

 

 

オープンハウスはお昼過ぎから始まって、10数名のゲストさんが来られました。

 

 

最初に、ゲスト全員に向けた学校の説明みたいなのを先生がして、そのあと、ゲストごとに生徒が数名ずつ付いて、学校の中を見学するツアーを実施。

 

 

先生が、どのゲストに誰が付くかを割り振っていったんですが、最初、僕は指名されず。

 

 

まあ確かにデンマーク語がある程度のレベルで喋れへんと説明もできひんし(ゲストはみんなデンマーク人だったから)、そらそうやな〜と納得して、どこかのグループに付いて行こかな〜なんて考えてたら、先生から、

 

 

「せいや(僕の名前です)、この人たちを案内してあげて!」とまさかのご指名。

 

 

見ると、そこには2名のご老人が。

 

 

まあ、先生かデンマーク人の子が誰か一緒に付いて来てくれるんやろうと、軽く考えてたら、なんとまさかの僕ひとり。

 

 

(だ、大丈夫なのか??)

 

 

と心の中でつぶやきながらも、

 

 

(ここは気持ちが大事や!自分のできることをやろう!)

 

 

と思うことにして、校内を案内。

 

 

すると、僕の不安はどこへやら、その二人のご老人はすんごい楽しんでくれてました。

 

 

よくよく聞くと、実は昔この学校に在籍していたのか、なんせここのことをよく知っている人たちだったようで、

 

 

「昔、ここの建物はこんな感じじゃなかったんだよー!」とか、逆に教えてもらう側になってたぐらいでした。

 

 

あー、よかった。

 

 

そんなこんなで無事にツアーを終え、そのあとはいろんなコンテンツを。

 

 

テントの横でアウトドアの授業の説明をしたり〜

 

 

教室の中でいくつかのグループに別れてディスカッション形式のゲームをしたり

 

ビーチバレーをしたり。

 

 

いつもと違う週末になって、なかなか楽しい1日でした。

 

 

今日のオープンハウスは、デンマークの方しかいませんでしたが、もちろん他の国の人も来てオッケー。

 

 

他のフォルケホイスコーレでもやってると思うので、もし興味ある方は行かれてみてはいかがでしょうか。

 

 

学校の雰囲気がわかると思います。

 

 

さてさて、明日は日曜日。

 

 

今週はゆるりと過ごそうと思います。

 

 

それでは、また。

 

[ad#co-1]

 

Booking.com