Twitterでもチョコチョコつぶやいてます
デンマークの旅行、観光

【クロンボー城】世界遺産の古城はハムレットの舞台。

クロンボー城の中庭でハムレットの劇

生きるか、死ぬか。それが問題だ

この言葉を聞いたことはありますか?

今日ご紹介するクロンボー城は、このフレーズと深い関係にあるお城です。

デンマークの中でも人気の観光スポット、クロンボー城。

どんなところか、まとめます。

クロンボー城とは?

戯曲「ハムレット」の舞台

最初の行に書いた言葉、

生きるか、死ぬか。それが問題だ

これは、シェイクスピアの四大悲劇の一つ、ハムレットに出てくるセリフです。

急死したデンマーク王ハムレット。

彼の妻は、ハムレットが死んだあと、すぐに王の弟と再婚。

そのことにハムレット王の息子は絶望。

そんなとき、彼の前に現れたのが、死んだハムレット王の亡霊。

王の亡霊は、自分は実の弟クローディアスに暗殺されたと告げ、それを聞いた王の息子が復習を誓う。

これがハムレットのあらすじです。

この物語の舞台となっているエルシノア城のモデルが、このクロンボー城なんです。

 

世界遺産のお城

クロンボー城は、2000年にユネスコの世界遺産に登録されました。

また、2012年にトリップアドバイザーが選んだ「死ぬまでに行きたい、世界の名城25選」にも選出されており、デンマークが世界の誇るお城です。

 

元々は通行税を徴収する砦だった

実はクロンボー城、元々はお城ではなく、税金を取るために作られた砦でした。

このクロンボー城と対岸のスウェーデンを挟むエーレ海峡を通る船に対して通行税を課し、徴収していたのです。

 

 

転々と姿を変えたクロンボー城

そんな砦を、フレデリク2世という王様が大改造します。

要塞としての強さを強化し、また、王宮の機能を追加しました。

「税金を取る砦」から、「美しいお城」へと姿を変えたのです。

しかし、そのあと、1629年に大きな火事が発生。

お城の大部分が燃えてしまいました。

燃えてしまった部分の修復と同時に、塔を高くしたり防御力を強化。

そのような形で、クロンボー城はいろんなことを経て形を変え、今に至ったのです。

 

地下に伝説の巨人が眠っている?

このお城にはある言い伝えが。

それは、地下にホルガー・ダンスクという巨人が眠っているというもの。

ホルガー・ダンスクは、国が危機に陥ったときに目覚めると言われている、伝説の巨人なのです・・・。

 

城の様子

外観

こちらが外から見たお城です。

クロンボー城の外観クロンボー城の外観

派手さはあまりなく、僕はちょっと「怖い」という印象を受けました。

僕が行った時は天気が悪かったんですが、それがお城の怖い雰囲気をさらに高めていた感じがします。

雪が積もると、こんな景色に。

雪の白さとお城の組み合わせがすごく絵になりますね。

 

View this post on Instagram

 

Crossing our fingers 🤞🏼 and wishing for a white #christmas this year 🌨☃️❄️

Danish Royal Palacesさん(@danishroyalpalaces)がシェアした投稿 –

中庭

こちらがクロンボー城の中心にある、中庭。

クロンボー城の中庭クロンボー城の中庭

この広い中庭を使って、毎年夏にシェイクスピアの劇が行われています。

僕が行ったのは冬だったので、残念ながら見れませんでしたが、夏に行く方は是非見てきてくださいね。

お城の中

お城は、下のような構成になっています。

  • 北棟:王さまの住居
  • 西棟:王妃の住居
  • 東棟:王族の部屋、厨房
  • 南棟:教会

 

建物の中では、家具やアートがたくさん展示されています。

お城の中に家具やアートの展示お城の中に家具やアートの展示
広いホールにアートの展示広いホールにアートの展示

 

中でも目を惹かれたのが、タペストリー。

クロンボー城のタペストリークロンボー城のタペストリー

とても大きく、立派なタペストリーが、この通りズラリ。

素人の僕が見てもすごいと思うぐらい、見応えがありました。

場所

クロンボー城は、コペンハーゲンから電車で約50分のHelsingør(ヘルシンゴー)というところに。

デンマークの端っこにあり、対岸にはスウェーデンが見えます。

お城はHelsingørの駅から少し離れていて、徒歩15分ほど歩かないといけません。

対岸にあるスウェーデンから、お酒を買いにたくさんの人が来るんだとか。

物価が高いことで有名なデンマークですが、お酒は安いんです。

ちなみに、デンマークの物価がどれくらいなのか、実際に売っている物の値段を下の記事でご紹介しているので、もしご興味あれば合わせてご覧くださいね。

あわせて読みたい
ポテチ
【デンマークの物価】現地で売っている物の値段をまとめますこんにちは。 今回はデンマークの物価について書こうと思います。 この前、知り合いの方が仕事関係で日本からデン...

コペンハーゲンカードがオススメ

お得なコペンハーゲンカードお得なコペンハーゲンカード

もし、クロンボー城以外の場所にも観光で行くのなら、コペンハーゲンカードがオススメ。

コペンハーゲンカードは、メジャーな観光地の入場料が無料になったり、公共交通機関が乗り放題になるお得なチケットなのです。

クロンボー城は大人ひとり90DKK(デンマーク・クローナ)。※2018年9〜12月の値段

交通費は、普通の乗車チケットだと、コペンハーゲンからクロンボー城のあるHelsingørまで、片道108DKKです。

つまり、クロンボー城+往復の電車だけで、日本円換算で約5,200円になります。

コペンハーゲンカードは、有効期限が異なる4つのプランが用意されているのですが、24時間のプランを選ぶと、値段は約6,900円

他の観光スポットにも行くのなら、コペンハーゲンカードの方がお得になります。

このカードは空港や駅、コンビニなどで買うことが可能です。

詳しくは下の記事にまとめていますので、参考にして頂ければと思います。

あわせて読みたい
お得なコペンハーゲンカード
【オススメ】コペンハーゲンカードでお得に観光できます北欧の中でも人気の場所、デンマークの首都コペンハーゲン。 コンパクトなこの街には、世界的に有名な美術館やお城など、見所がたくさんあ...

まとめ

今回はクロンボー城についてまとめました。

クロンボー城のポイント
  • ハムレットの舞台
  • 世界遺産
  • 対岸にスウェーデンが見える立地
  • コペンハーゲンから約1時間
  • コペンハーゲンカードがオススメ

コペンハーゲンからもそこまで遠くないので、時間があれば、ぜひ行ってみてください。

Booking.com