インタビューさせてもらいました
日々の学校生活

4ヶ月ぶりにデンマーク語クラスの授業へ参加!

4ヶ月ぶりにデンマーク語クラスの授業へ参加!

こんにちは。

カルーホイスコーレ復帰2日目の今日は、デンマーク語コースのクラスに参加させてもらいました。

昨日書いたとおり、今回はアウトドアコースとデンマーク語コースを行ったり来たりさせてもらっています。

1日おきにチェンジさせてもらってて、昨日はアウトドアコース、そして今日はデンマーク語コースの一員として過ごしたのでした。

 

これを読めば「カルー・ホイスコーレ」のことがわかります。でも触れていますが、カルーホイスコーレでは、午前中に2コマ、午後から1コマの授業があります。(金曜日は午前中で終わり)

午前中は、それぞれのコースに分かれての授業。

デンマーク語コースだったら、デンマーク語の授業が2コマあるという感じです。

で、今日は午前中にそのデンマーク語の授業を受けたんですが、いやー、楽しかった。

久しぶりやったから2コマ連続で受けた授業はちょっと疲れたし、やっぱりデンマーク語が聞き取れないところも多々あったけど、クラスの雰囲気も明るくて楽しむことができました。

 

1コマ目はプレゼンテーションのクラスで、今日のテーマは「Om at optræde høfligt(礼儀正しい行動について)」。

自分たちの思う礼儀正しい行動についてそれぞれ発表する、という内容でした。

例えば、バスの中でお年寄りの人がいたら席を譲る、みたいな感じですね。

僕は前回のセメスターでこの学校にいたときから、この手の内容が好きだったんですよ。

なんでかというと、いろんな国のことが聞けるからです。

前回も多国籍でしたが、今回のセメスターは前回よりもさらにいろんな国から生徒が集まってます。

今日参加させてもらったクラスでは、日本、グリーンランド、リトアニア、オーストラリア、イラン、インド、ドイツと、なんと7ヶ国もの生徒がいました。

日本を除くと、6ヶ国もの話を生で聞けるわけですから、こんなに楽しいことはないです。

僕のデンマーク語スキルの低さから聞き取れないところがチョコチョコあったのが少し残念ですが、いやホント、デンマーク語を学びながら他の国のことを知ることができるというのはめちゃくちゃ有難い環境ですね。

 

2コマ目は文法の授業。

この授業を担当している先生は、前のセメスターにいたときからずっとお世話になってる人なんですが、めちゃくちゃデンマーク語教えるの上手なんですよ。

ほぼ知識ゼロの状態でここにやってきた僕が、デンマーク語を少し話せるようになったのはこの先生のおかげと言っても過言ではありません。

授業の進め方がすっごいスムーズなんです。

笑いも散りばめながら、初心者でも理解できるようにわかりやすく教えてくれるそのスタイルは今も健在でした。

なんかまたこの先生の授業を受けさせてもらえているということを思うと、授業中に急に胸がジンワリしてきて、一人で感慨にふけってしまっていました。

集中しろよ、自分。

 

というわけで、今日はデンマーク語コースの一員として過ごした1日だったのでした。

実は昨日のSUPの影響で、かなり筋肉痛です。

明日の朝には治っていることを祈りながら、眠りにつこうと思います。

それではまた明日。