ポストカード、はじめました。
日々の学校生活

人生初!アウトドアコースでSUPに挑戦しました!

人生初!アウトドアコースでSUPに挑戦しました!

SUP(Stand Up Paddle)ってご存知ですか?

サーフィンの板みたいなやつの上に立って、カヤックで使うようなパドルを漕いで前に進んでいくウォータースポーツです。

これです。

今日は人生で初めて、このSUPに挑戦しました。

 

今回はデンマーク語コース+アウトドアコース

僕は今、去年1年間通っていたカルーホイスコーレに一時的に戻ってきています。

去年はデンマーク語のコースにいたんですが、今回はアウトドアコースにも参加させてもらえることに。

毎日代わりばんこに、デンマーク語コースとアウトドアコースを行き来させてもらえるという、超ありがたい状況を作っていただいてます。

初日の今日は、アウトドアコースにJoin。

その授業の中でSUPを体験させてもらったのでした。

 

SUP、むずい。

いや〜、ちょっと舐めてました、SUP。

むずい。

最初はね、順調やったんです。

というかね、順調やと思っていたんです。

スイスイ前に進むから、

あれ、これ自分、もしかして才能あるんじゃね?

と、ニマニマしていました。

でもそれは、ただただ風のおかげだということが判明したのです。

 

最初、向こう岸の方まで進んでみようってことで、みんなで同じ方向に向かって漕ぎ始めたんですよね。

その方向っていうのが、ええ感じの風が吹いてる方向やったんです。

海も綺麗し、順調にスイスイ進むし、最高やな

って思いながら、板の上に立っていたんですよ。

ところがどっこい。

元いた場所へ戻ろうってなって、反対方向に進もうとすると、まぁ〜進まない

びっくりするぐらい進まない。

なんなら後退してる。

めちゃくちゃ風が強くて、ホント、前に進める気が全くしないんですよ。

思わず天を仰ぎたくなるほどの嫌気に襲われた僕は、実際に天を仰いでいましたよ。

 

そんな僕の様子を遠くの方から見ていたのでしょう。

天を仰ぎ切ったぐらいのタイミングで、先生が僕の近くまで来てくれました。

そして、海の上でのマンツーマン授業が始まりました。

しかしそこで、きっと先生にとって予想外の事態が。

この生徒の飲み込みが悪い。

教えど教えど、全然上達しない。

そしてついに、見るに耐えなくなった先生は、

よし、もう板から降りて歩いて帰ろうか。

という英断を下しました。

その素晴らしい判断にしたがって、僕は歩いて元の場所へ戻ったのでした。

 

才能よりも好きか嫌いか

というわけで、今日はSUPに初めて挑戦し、そして、

自分、やっぱりSUPの才能ないんじゃね?

と思った1日だったのでした。

 

でもね、才能がなくたっていいんです。

楽しかったですから。

そして、SUPは前からやってみたいと思っていたんで、それができたということに喜びを感じましたから。

 

ちょっとやってみたいと思ってたことにチャレンジできたこと、それが大切なんだと思います。

やってみないと、わからないですからね。

まずはやってみること。

そして、才能があるかないかではなく、自分が好きかどうか、ということを知ること。

それが、自分の人生を形作っていく方法なんじゃないかな。

板の上から豪快に海へ落ちながら、そんなことを考えていたのでした。