ポストカード、はじめました。
クロアチア

「人見知り」と「一期一会」。

「人見知り」と「一期一会」

こんにちは。

クロアチアの首都ザグレブに来てから今日で5日目です。

あっという間ですね。

さて、今日は朝から少し遠出してきました。

行ってきたのは、プリトヴィツェ湖群国立公園

みなさんはこの場所をご存知でしょうか?

「ご存知でしょうか?」とか偉そうなことを言ってますが、実は僕も最近友達から教えてもらうまで知りませんでした。

クロアチアではめちゃくちゃ人気の観光地です。

どんなところだったかはまた別の回でお届けしますね。

じゃあ今日は何の話やねんって感じですが、ちょっと嬉しい出会いがあったのでそれについて書こうかなと思います。

出会いは突然に…

プリトヴィツェ湖群国立公園は、ものすごい自然があるところなんです。

めっちゃくちゃ寒かったんですが、写真大好きな僕はもうアホみたいに写真を撮りまくり一人で楽しんでました。

寒さはホンマにエゲツなかった・・・。

公園内はかなり広くて、全然時間が足りなかったんですが、帰りのバスを予約してたんでちょっと早い目に切り上げることに。

出口に向かって歩いていると、写真を嬉しそうに撮ってはるアジア人女性が。

「楽しんではるな〜」

と思いながら横を通り過ぎようとしたところ、その女性が僕に声をかけてきたのです。

まさか話しかけられるなんて思ってもなかったので、やや「ビクッ」ってなったんですが、

どうやら大きな滝を背景にして写真を撮って欲しいとのことでした。

その方も一人やったんで、写真撮影をしてくれる人を探してたみたいで、そこにたまたま僕が通りかかった、ということのようです。

もちろん何の問題もないんで、5枚ぐらい撮ってカメラをお返ししました。

二人でカフェに行くことに

すると、そこから歩く方向が一緒やって、自然と会話する流れに。

「どこから来たんですか?」と聞いたところ、韓国の方でした。

で、たわいもない話をしながら歩いていると、出口に到着。

でも、かなり余裕をみて引き上げていたので、バスまでかなり時間がありました。

するとその女性が、

「良かったらカフェに入って待ちませんか?」

と言って来てくれたのです。

まさかの展開でしたが、もちろん時間もあるし、なんせ寒いし、そしてこの方ともう少しお話したかったので、二人でカフェでお茶することに。

そこから1時間ぐらいカフェで過ごしました。

その女性は、釜山(プサン)で高校の先生をされてるそうで、今は冬休みを利用してクロアチアに来てるそうです。

旅行が大好きで、毎年2回は海外旅行に行き、日本にも4、5回来られたことがあるって言ってました。

そんな感じで、バスが来るまで終始楽しく過ごせたというお話です。

人見知りにとっての「一期一会」

なんかね、こういう旅先の出会いがすごく嬉しくて。

特に連絡先を交換したわけでもなく、ただただお話して解散したんですが、外国の方とこうやって出会って話せるのって、なんか「旅」感があって。

実は僕、人見知りなところがあって、自分からガツガツ喋り掛けるようなタイプじゃないんですよね。

外国人に対してだけではなく、対日本人でもです。

だから、超社交的な人と比べると、そこまで出会いが多いわけではないと思うんですよ。

だからなのか、こういう1つ1つの出会いがめっちゃ印象に残るしめっちゃ嬉しい。

かなりドキドキしちゃうんですけどね。

英語やし、うまく伝えきれへんとこもあるし。

でも、日本を出てからいろんな経験をしていくうちに、なんか「うまく話さないといけない」っていう必要性もないんかなと思ってきて。

やっぱり大事なのは気持ちで、多少失敗してもいいから、とにかく伝えようとすることを心がけるようになりました。

これは完全に海外に来てから、海外での生活から得たことです。

そんなマインドになってきたので、最近は旅がより一層楽しい。

相変わらず人見知りな部分は変わっていませんが、それは受け止めつつ、一つ一つの出会いを大事に旅を続けようと思った今日この頃なのでした。

今日はこんなところで。