旅行、観光

タリン – ヘルシンキ間をフェリーで移動する方法

タリン - ヘルシンキ間をフェリーで移動する方法

今回は、タリン(エストニア)ヘルシンキ(フィンランド)間の移動方法について。

先日、タリンとヘルシンキを旅行してきました。

この2つの都市は国が違うんですが、実はとても近く、フェリーで移動できるんです

実際にフェリーに乗って往復してきたので、今日は、タリン – ヘルシンキ間をフェリーで移動する方法について書きたいと思います。

タリン – ヘルシンキ間の主な移動手段

この2都市間を移動する方法は大きく下の二つ。

  1. フェリー
  2. 飛行機

僕が旅行した時に比較した際は、

  1. フェリー:遅いけど、安い
  2. 飛行機 :早いけど、高い

でした。

例えば、どこか違う国からヘルシンキ経由でタリンに行く場合などは飛行機を使うと思いますが、それ以外で単純にこの二都市間を移動するのなら、フェリーを使っている人が多いようです。

タリン – ヘルシンキ間をフェリーで移動した

僕は今回フェリーを使ってタリン – ヘルシンキを往復しました。

上で書いたとおり、フェリーを使っている人が多いという情報があったのと、安かったからです

というわけで、ここからは僕が体験したフェリーでの移動についてまとめます。

移動時間

まずは移動時間について。

往復したのですが、往路と復路では少しだけ所要時間が違っていました。

  • タリン→ヘルシンキ:2時間
  • ヘルシンキ→タリン:2時間15分

値段

値段は、乗る船や時間によって違うようです。

僕の今回の旅行では、往復で7,535円でした。

2国間をこの値段で移動できると思うと、安いですよね。

他の時間帯だと、最安値で3,000円台のものもありました。

フェリーチケットの購入方法

フェリーのチケットは、Webで買う方法現地で購入する方法があるようです。

僕は下のWebサイトからチケットを買いました。

ダイレクトフェリーズ: 世界最大のフェリー予約サイト

タリン – ヘルシンキ間を走っているフェリー会社がいくつかあるんですが、このサイトでは各会社のフェリーの値段や時間をまとめて比較できます。

サイトを見ていただいたらわかるんですが、日本語ですし簡単でした。

チケットを購入すると、「予約確認書」という形で、予約したフェリーの内容がメールで届きます。

フェリーの乗り方

次はフェリーの乗り方です。

まずはフェリー乗り場の場所から。

フェリー乗り場

タリンのフェリー乗り場は、D-Terminalというところでした。

こんな外観です。

タリンのD-TerminalタリンのD-Terminal

そして、ヘルシンキWest Terminalという名前のフェリー乗り場でした。

West Terminalはこんな建物。

ヘルシンキのWest TerminalヘルシンキのWest Terminal

フェリー乗り場についてはチケットを予約した際に送られてくるメールに書いてありました。

乗るフェリーによっては、僕のときと異なっている場合があるかもしれないので、そちらを確認してくださいね。

チェックイン

次はチェックイン方法です。

チェックインは出発時刻の45分前までにする必要がありました。

タリンから乗るときも、ヘルシンキから乗るときも大体同じだったので、今回はタリンから乗ったときのチェックインについて書きます。

タリンのD-Terminalに入って、エスカレーターで2階へ。

2階に行くと、下の写真のような機械があります。

チェックイン&チケット購入の機械チェックイン&チケット購入の機械

この機械でチェックインができます。

また、もし事前にチケットを購入していない場合、この機械で乗車券を買えるようです。

さて、この機械でのチェックインの仕方ですが、すごく簡単です。

最初にこんな画面が出てきます。

CHECK INの機械の画面CHECK INの機械の画面

チェックインをする場合は左の「CHECK IN」を、チケットを買いたい場合は右の「BUY」をタップします。

僕は事前にチケットを購入していたため、「CHECK IN」をタップしました。

すると次に、予約番号を入力する画面に移ります。

予約番号は、チケット購入時に届く予約確認書のメールに記載されていますので、それを入力。

予約番号を入力予約番号を入力

予約番号を入力すると、下のような券が出てきます。

これが乗車チケットになります。

チェックイン後に出てくる券チェックイン後に出てくる券

チケットにはWifiの番号も書いてあるので、無くさないように注意が必要です。

これでチェックインが完了しました。

フェリーへ乗り込む

チェックイン完了後、搭乗時間になったらフェリーに乗り込みます。

フェリーに乗る前にこんなゲートがあるので、ここを通る必要があります。

フェリーに乗る前の搭乗ゲートフェリーに乗る前の搭乗ゲート

ゲートの上に乗っている、白の矢印のついた青い箱みたいなものに、チェックイン時に出てきた券のQRコードをかざすと通ることができます。

ここを突破すると、あとは廊下を歩いてフェリーに向かうだけです。

 

フェリーの中

僕が乗ったフェリーは、行きがMegastar、帰りがFinlandiaという名前でした。

どちらもすごく豪華でびっくり。

座席はいっぱいあるし、お店もいっぱいあるし、カフェやレストランまでありました。

Megastarの中Megastarの中
Megastarの中にBURGER KINGがありましたMegastarの中にBURGER KINGがありました
Finlandiaの中Finlandiaの中

こんなものまで。

スロットゲームもスロットゲームも

上でチラッと書いたとおり、フェリーの中ではWifiが使えます。

また、電源もあるので、充電することもできました。

まとめ

タリンに行くのもヘルシンキに行くのも、今回が初めてで、もちろんフェリーを使って移動するのも初体験でした。

でもすごく簡単で、問題なく移動することができました。

もしこの二都市間を移動される際は、ぜひフェリーに乗ってみてくださいね。