ポストカード、はじめました。
デンマーク生活

あなたが一番怖いものは何ですか?

あなたが一番怖いものは何ですか?
あなたが一番怖いものは何ですか?Photo by Connor McSheffrey on Unsplash

 

こんばんは。

 

 

今日は金曜日。

 

 

僕は毎週金曜日、英語の授業に参加させてもらってます。

 

 

今日の授業のテーマは、「What’s your greatest fear ?」。

 

 

あなたが一番怖いものは何?」です。

 

 

最初は自分の「怖いもの」について、みんなでざっくばらんにディスカッション。

 

 

そのあと、世界各国で調査したアンケートの結果が配られました。

 

 

そのアンケートは、次の4つの「怖いものリスト」の中から、一番怖いと思うものを選んでもらって、それを国・性別ごとに集計したものでした。(全8ヵ国)

 

<<怖いものリスト>>

  1. 老い
  2. 破産
  3. 公の場でスピーチ
  4. 孤独

 

各国で結果がちがっていて、なかなか興味深いものでしたので、いくつかご紹介。

 

 

まずは南アフリカ

 

 

男性、女性ともに「2.破産」が一番でした。

 

 

これはアフリカ全体の結果とも一致するような気がします。

 

 

このフォルケホイスコーレにいるアフリカ出身の生徒たちの話を聞いていると、「働くことは大事だ」とか「仕事が好き」とよく言ってます。

 

 

まだまだこれから発展していく地域だからか、働いてお金を得ることへの気持ちが強そうで、そしてたぶん本当に「生きる」ためには、それが必要だと感じているのだろうと思います。

 

 

「2.破産」が選ばれるのは、なんとなく納得です。

 

 

次に中国

 

 

中国は、男女ともに、「4.孤独」が最多。

 

 

男性、女性どちらも50%以上の人が選択していて、圧倒的に孤独を嫌っていることを示しています。

 

 

なるほど、中国でSNSがあれだけ盛り上がっている理由はここにありそうですね。

 

 

「孤独」を嫌う人たちが、SNSを通して人と繋がることを心地よく思い、どんどん大きくなっていったのでしょう。

 

 

中国では、インスタグラマーなどのインフルエンサーが、どの広告塔よりも影響力を持っていると聞いたことがあります。

 

 

芸能人なんかよりも、SNS上で、「より近い存在」になり得るSNSインフルエンサー達からの方が、影響を強く受けるのかもしれないですね。

 

 

最後はスペイン

 

 

上の2つの国は、どちらも男女の結果が同じでしたが、スペインは違っています。

 

 

スペインでは、男性は「1.老い」、女性は「4.孤独」が最多でした。

 

 

女性よりも男性が「老い」を気にしているってところが、ちょっと面白い。

 

 

ちなみに、8ヵ国中、「1.老い」が最多になっているのは、スペインの男性のみでした。

 

 

ルックス、超大事なんですね、きっと。

 

 

確かにイケメンが多いイメージがありますが。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

国別に見ると、こうも価値観が違うんだな〜と、

 

 

「へぇ〜」って日本語で言いながら、授業を受けてました。

 

 

僕はどの国も共通して「4.孤独」が一番なのかな?って推測していたので、驚きです。

 

 

育つ環境が違うと、思うこと・感じることが、もう僕とは全然違うんやなって、

 

 

人は周りの環境の影響を、結局は色濃く受けるんやろなって、改めて思った授業でした。

 

 

ん〜、今日も勉強になりました。

 

 

[ad#co-1]