ポストカード、はじめました。
デンマーク語

【デンマーク語めっちゃ入門】第4回 人称代名詞について

【デンマーク語めっちゃ入門】第4回 人称代名詞について

第4回になりました、デンマーク語めっちゃ入門のコーナーです。

第3回の前回は【デンマーク語めっちゃ入門】第3回 名詞の種類についてということで、デンマーク語独特の名詞のルールについて簡単に説明しました。

今回は、その名詞とも少し関係してくる人称代名詞についてお届けします。

デンマーク語の人称代名詞

はじめに

人称代名詞の種類

英語の人称代名詞には下の4種類がありますよね。

  1. 主格(〜は) 例:I
  2. 所有格(〜の) 例:my
  3. 目的格(〜を・に) 例:me
  4. 所有代名詞(〜のもの) 例:mine

英語では2と4が別ものですが、デンマーク語は一緒です。

なので、デンマーク語の人称代名詞は下の3種類としてご説明します。

  1. 主格(〜は)
  2. 所有格(〜の)
  3. 目的格(〜を・に)

所有格がややこしい

ちょっとややこしいのが、所有格

英語の「my」とか「your」とか、「〜の」という意味の単語ですね。

何がややこしいかというと、前回の記事【デンマーク語めっちゃ入門】第3回 名詞の種類についてでご紹介したen名詞、et名詞が関係してきます。

英語の場合は、かかる名詞がどんな物でも、「これは私の〜です」と言う場合、いつも「my」を使いますよね。

でも、デンマーク語の場合、そのmyに当たる部分が、名詞によってニョキニョキ変化するんです。

具体例を見てみましょう。

「これは私の車です。」と言う場合、デンマーク語ではこうなります。

Det er min bil.

「min」の部分が「私の〜」を表す単語になります。

でも、「これは私の時計です。」と言うときは、下のようになります。

Det er mit ur.

さっきは「min」でしたが、この例文では、「mit」になっていますよね。

これはなぜかというと、bil(車)がen名詞ur(時計)がet名詞で、それぞれに合わせて所有格が変化しているのです。

さらに、名詞が複数形の場合はまた違った形に変わります。

「それらは私の車です。」と、いくつかの車を持っている場合は次のようになります。

De er mine biler.

ちなみに、名詞がen名詞、et名詞に関わらず、複数の場合は常に「mine」になります。

少し救われた気分ですね。

このように、デンマーク語で「私の〜」と言いたいとき、下の3つを使い分ける必要があるのです。

  • en名詞:min
  • et名詞:mit
  • 複数形:mine

これは「私の〜」という一人称の所有格ですが、「あなたの〜」や「彼の〜」など、二人称や三人称になるとまた違った単語になります。

ルールは同じで、上で書いた3種類の変化です。

でも、下でご紹介しますが、enもetも複数も全部同じものあります。

これを頭に入れながら、ここから先を読んでいただければと思います。

所有格については、「en名詞/et名詞/複数」という順番で書いていきますね。

単数

まずは単数の人称代名詞から。

  1. 主格(〜は): jeg
  2. 所有格(〜の): min / mit / mine
  3. 目的格(〜を・に): mig

 

あなた

  1. 主格(〜は): du
  2. 所有格(〜の): din / dit / dine,Deres
  3. 目的格(〜を・に): dig

 

  1. 主格(〜は): han
  2. 所有格(〜の): hans / hans / hans
  3. 目的格(〜を・に): ham

「彼」の場合は、所有格が全部同じになります。

en名詞であっても、et名詞であっても、複数であっても、全部hansです。

ラッキー。

彼女

  1. 主格(〜は): hun
  2. 所有格(〜の): hendes / hendes / hendes
  3. 目的格(〜を・に): hende

「彼女」も「彼」の場合と同じく、所有格が全部同じ。

ほんと嬉しい。

 

三人称で使うsin

さて、三人称(彼、彼女)をそれぞれご紹介しましたが、ちょっとややこしいルールがあります。

それが、sin – sit – sine 

三人称を主語にした文章の中で、その所有物について話すときは、所有格がsin(またはsit or sine)になります。

具体例で見てみましょう。

例えば、「彼は、彼の車を洗います」と言うとき、

Han vasker hans bil.

と言いたくなります。

なぜなら、「彼」の所有格は「hans」だとご紹介したからです。

ちなみに「vasker」が洗うという動詞です。

でも、正解は、

Han vasker sin bil.

なんです。

これがsinの使い方。

三人称(今回ならhan)が主語のとき、同じ文章で出てくる所有格はsinにしないといけないのです。

じゃあ「hans」っていつ使うの?と思われるかもしれませんが、例えば下のようなときです。

Hans mor bor i Paris.

(彼のお母さんはパリに住んでいます)

これは主語が「彼のお母さん」で、上でご紹介したルールに一致していません。

こういうときに、各三人称のところで書いた所有格を使うんです。

あー、ややこしい。

複数

ここからは複数です。

私たち

  1. 主格(〜は): vi
  2. 所有格(〜の): vores / vores / vores
  3. 目的格(〜を・に): os

 

あなたたち

  1. 主格(〜は): I
  2. 所有格(〜の): jeres / jeres / jeres
  3. 目的格(〜を・に): jer

 

彼ら

  1. 主格(〜は): de
  2. 所有格(〜の): deres /deres /deres
  3. 目的格(〜を・に): dem

 

まとめ

今回は、デンマーク語の人称代名詞について書きました。

ちょっとややこしい説明を書いたので、混乱されているかもしれません。

量もたくさんあって一気に覚えるのは難しいと思うので、ゆっくりちょっとずつマスターしていってくださいね。