ポストカード、はじめました。
デンマーク語

【デンマーク語めっちゃ入門】第10回 挨拶(あいさつ)について

【デンマーク語めっちゃ入門】第10回 挨拶(あいさつ)について

さて、少し間が空きましたが、今日はデンマーク語めっちゃ入門をお届けします。

「デンマーク語めっちゃ入門」とは、超難しいデンマーク語の基礎を、優しく、そして時にはふざけながらご紹介しているコーナーです。

記念すべき第10回目の今回のテーマは、「挨拶(あいさつ)」。

デンマーク語を本格的に習いたい人だけでなく、観光でデンマークを訪れる人も使える内容なんじゃないかなと思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

それではどうぞ!

デンマーク語の挨拶

おはよう

「おはよう」は、

Godmorgen(グッモーン)

です。

「God(良い)」と「morgen(朝)」が引っ付いて1つの単語になっています。

英語の「Good morning」と似ていますね。

こんな感じで、デンマーク語はいくつかの単語が合体するパターンが多いんです。

こんにちは

「こんにちは」は2通りあります。

1つは、

Hej(ハイ)

です。

カジュアルな言い方ですね。

もう1つは、

Goddag(グッデイ)

です。

これは、さっきご紹介した「おはよう」の「Godmorgen」と同じ要領で、「God(良い)」と「dag(日)」が合わさってできています。

おやすみ

もうだいたい予想がついているかもしれませんが、おやすみも「単語ひっついちゃった系」の言葉を使います。

「おやすみ」は、

Godnat(グッネット)

ですね。

「God(良い)」+「nat(夜)」のコラボレーションです。

バイバイ

「バイバイ」は、

Hej hej!(ハイハイ)

と、「こんにちは」で出てきた「Hej」を2回繰り返します。

2回目の「Hej(ハイ)」を気持ち少し伸ばして、「ハイハーイ」というと、それっぽくなります。

ぜひ伸ばして、それっぽくしてみてくださいね。

またね!

バイバイと似ていますが、少しニュアンスが違うので、「またね!」も別枠としてご紹介します。

「またね!」はデンマーク語で、

Vi ses!(ヴィ シィース)

と言います。

Viが「私たち」、sesは「会う」という意味です。

この二つを組み合わせて、「またね!(私たちはまた会うよ!)」という感じになります。

「また明日!」と言いたい時は、

Vi ses i morgen!(ヴィ シィース イ モーン!)

です。

「i morgen」で、「明日」という意味になるんです。

ありがとう





「ありがとう」は

Tak!(タック)

です。

とにかくお礼を言いたいときはこれが使えます。

ちなみに「めっちゃありがとう!」って言いたいときは、

Mange tak!(マンゲタック)

もしくは、

Tusind tak!(トゥーズンタック)

と言ってください。

Tusindは「千(thousand)」という意味なんですが、Tusind takというと、「めちゃくちゃありがとう!」というニュアンスになります。

ちなみに、Tusind takの方が丁寧な言い方です。

フォーマルな場ではTusind takを使った方がいいかもしれませんね。

どういたしまして

「どういたしまして!」は、

Det var så lidt!

です。

読み方は、「ディ ヴァ ソ リッ」になります。

なんかオシャレな響きで、僕は個人的にこの言葉が好きです。(僕だけ?)

すいません

謝るときに言う「すいません」は、英語と全く違っていて、

Undskyld(オンスクゥル)

と言います。

日本人だからか、僕は癖でこの言葉を多用していました。

おめでとう

「おめでとう」は、

Tillykke!(テュリューク!)

になります。

今日は俺の誕生日なんだ!

と突然言われたら、

「お、おう!Tillykke!」

と言ってあげてくださいね。

乾杯!

これを挨拶に含めていいものかどうか怪しいですが、紹介しちゃいます。

デンマーク語で「乾杯!」は、

Skål!(スコール)

です。

バーで横になった人と目が合ったら使ってくださいね。

 




デンマーク語を使ってみよう!

というわけで今回は、デンマーク語の挨拶についてまとめました。

デンマークの言葉って何?英語は通じる?でも書いた通り、デンマーク人はみんな英語が話せますが、でもやっぱり現地の言葉で話すとすごく喜ばれます。

今回ご紹介した挨拶だけでもデンマーク語を使ってみてくださいね。

ついでにアルファベットや数字も見てみませんか?